ムスカリ  
[別名] グレープヒアシンス
[中国名] 葡萄风信子 pu tao feng xin zi
[英名] grape hyacinth, Blue grape hyacinth, Armenian grape hyacinth
[学名] Muscari armeniacum Leichtlin ex Baker
Muscari hybrids
キジカクシ科 Asparagaceae  ムスカリ属
三河の植物観察
ムスカリの花
ムスカリの花2
ムスカリの葉
ムスカリ
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 葉は長さ10~15㎝、幅0.5~1㎝.の線形。英名のようにブドウの房のような青色の花をつける。観賞用に栽培されているが、丈夫で、道端に逸出して見られる。ムスカリ属は40~50種ほどあり、花色もいろいろで、日本で最も多く栽培されている。代表的な種はブドウムスカリ(ムスカリ・アルメニアカム)であり、ハイブリッド品種も多数、作り出されている。和名がムスカリの種はMuscari neglectumであり、アメリカなどで帰化している。花が濃く、青黒色に近く、葉はあまり長くならず、花茎と同長又はわずかに長い。ブドウムスカリは葉が長く、常に花茎より長い。ルリムスカリは花が青色~紫青色、花序につく花の数が少なく、20個以下。
[花期] 3~5月
[草丈] 15~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種 地中海沿岸
[撮影] 蒲郡市形原町   09.4.14

 ムスカリ属

  Family Asparagaceae - genus Muscari

 多年草、褐色の薄皮のある卵形の球根から花茎を出し、小鱗茎(offset=bulblet)は有又は無。葉は (1~)2~7個つき、根生。葉身は線形、ときに、溝があり、無毛、やや肉質。花茎は円柱形。花序は頂生の総状花序、多数の花がかなり密につき、苞があり、しばしば、果時に長くなり、疎になる。上部の花は小さく、不稔、色も異なり、房(coma)を形成する。不稔の花は小さく、普通、稔性の花より少ない。苞は小さい。花は芳香があり、花被は筒形~つぼ形、普通、のど部でくびれ、ほとんど全長で合着し、上部で裂片に分裂し、反り返り、短く、歯状。裂片は筒部と同色又は白色(歯状)。雄しべは6個、2列に花被につき、突き出ない。葯は暗青色、背着、球形。子房は上位、緑色、3室。内花被片に蜜腺がある。花柱は1個。柱頭は3裂。果実は蒴果、不明瞭な3角(かど)があり、紙質(膜質)、胞背裂開。種子は6個、黒色、球形、しわ~網状。x = 9。
 世界に約40~50種あり、ヨーロッパの温帯、北アフリカ、アジア南西部に分布する。

※The Muscarimia group  (Muscari macrocarpumとMuscari racemosum)
 球根は大きく、太い肉質の多年生の根をもち、岩の多い場所でよく発達する。茎は丈夫で、総状花序を頂生する。花は大きく、長く、口部の下に6個の突起をもち、芳香があり、黄色又は白色で、かすかに緑色や青色を帯び、褐色の裂片をもつ。裂片は小さく、歯状。不稔の花は少数、小さく、紫色又は無い。

 ムスカリ属の主な種と園芸品種

 1  Muscari armeniacum Leichtlin ex Baker ブドウムスカリ(ムスカリ・アルメニアカム)
   synonym Muscari colchicum Grossh.
   synonym Muscari pyramidatum Velen.
   synonym Pseudomuscari apertum (Freyn & Conrath) Garbari
 ヨーロッパ南東部~イラン原産。英名はArmenian grape-hyacinth , common grape-hyacinth , garden grape-hyacinth , grape hyacinth。
 多年草、高さ15~22.5㎝。球根は直径2.5㎝以下(円周10㎝)、わずかに長くなり、薄皮は褐色(灰色)。葉は秋に出て、花時まで残る。葉は(3~)6~8個つき、線形、長さ30~40㎝×幅3~8(~10)㎜、凹凸、凸面は光沢のある緑色、凹面は鈍く、粉白色を帯び、常に、花茎より長い。花茎は球根に1~3本つき、約20(~30)㎝。総状花序は花茎の上につき、円錐形、太く、長さ2~10㎝、花を20~40個、密につける。ブドウの房をひっくり返したように見えるため、grapeの名で呼ばれる。苞は小さく、白色。花はわずかに芳香がある。花柄は花よりわずかに短い。花冠はつぼ形~杯形(長楕円形~倒卵形)、口部はくびれ、長さ6~7㎜、濃紫青色~サファイアブルー色(sapphire blue)=明るい青色、歯は白色。不稔の花は総状花序の先に2~10(18以下)個つき、(不稔の花は花柄が無い)全体に明るい青色。種子は長さ約2㎜、黒色。花期は3~5月(南半球8~10月)。果期(南半球10~12月)。2n=18
品種) 'Album' , 'Alicha' , 'Alida' , 'Argaei' , 'Argaei Album' , 'Artist' , 'Atlantic'(hybrid) , 'Babies Breath' , 'Benton End' , 'Big Blue' , 'Blue Pearl' , 'Blue Spike' (d) , 'Bowles's Peacock' , 'Bright Eyes' , 'Cantab' , 'Carola' , 'Christmas Pearl[AGM] , 'Cote d'Azur' , 'Cupido' , 'Dark Eyes' , 'Denim , 'Early Giant' , 'Esther' , 'Fairway Seedling' , 'Fantasy Creation' , 'Grand Maitre' , 'Gul' , 'Gul Delight , 'Heavenly Blue' , 'Heavenly Delight' , 'Helena' , 'Icicle' , 'Jenny Robinson'[AGM] , 'Lady Blue'レディブルー , 'Manon' , 'New Creation' , 'Old Blue' , 'Pauline' , 'Peppermint' , 'Pink Sunrise'ピンクサンライズ , 'Saffier'[AGM] , 'Siberian Tiger' , 'Touch of Snow' , 'Trehanense' , 'Valerie Finnis' , 'Venus'

 2  Muscari aucheri (Boiss.) Baker ムスカリ・アウケリ
   synonym Muscari lingulatum Baker,
   synonym Muscari tubergenianum Hoog ex Turrill ハイブリッドの可能性もある
 トルコ原産。
 普通、小型で高さ10㎝以下だが、高い(20㎝以下)品種もある。葉は1~3個つき、上面は灰緑色、先はフード形又は舟形。総状花序は短く、長さ1~4㎝、花は筒形、明るい青色。総状花序の頂部につく不稔の花は色がさらに明るい。花期は春。
品種) 'Autumn Glory' , 'Blue Magic' , 'Dark Eyes'(M. armeniacum or M. botryoides) , 'Mount Hood' , 'Ocean Magic' , 'Sky Blue' ,'White Beauty' , 'Tubergenianum'(強健でハイブリッドの可能性あり) , 'White Magic'

 3  Muscari botryoides (L.) Mill    ルリムスカリ(ムスカリ・ボトリオイデス)
 ヨーロッパ原産。英名はcompact grape-hyacinth , grape-hyacinth , Italian grape-hyacinth。
 高さ 20(~30)㎝。球根は卵形、長さ1.5~2.5㎝×幅1~2㎝(円周4~8㎝ Muscari armeniacumより小さい)、小鱗茎(offset=bulblet)は無、薄皮は半透明~淡褐色。葉は2~4(~5)個つく。葉身は青緑色、目立つうねがあり、線状へら形、長さ15~35(~40) ㎝×幅3~8(~12)㎜、先は急に、収縮する。花茎は長さ (10~)20~35(~40) ㎝、普通、葉からわずかに突き出る。総状花序は花が12~20個つく。花は花被筒がスカイブルー色(~紫青色violet-blue)、球形~卵形、長さ2~4㎜×幅2~3㎜、歯は白色。花序の頂部の4~9個の花は不稔、稔性の花と不稔の花はほぼ同形(不稔の花はわずかに小さく、淡色)。花柄は広がり、長さ 1~3(~5)㎜。蒴果は長さ4~6㎜×幅4~6㎜。2n = 18, 36。花期は初春~春半ば。
品種) 'Album' , 'Caeruleum' , 'Carneum' , 'Pallidum'

 4  Muscari latifolium Kirk ムスカリ・ラティフォリウム
 トルコ北西部原産。
 葉は1本だけ、ときに2本つき、幅が広く、長さ7~30㎝。総状花序は太く、長さ7~30㎝。稔性の花は紫黒色。不稔の花は総状花序の頂部につき、明るい青色。花期は4月。白色の花も知られるが種子から育てると青色花に戻る。
品種) 'Album' , 'Blue Angels' , 'Grape Ice' , 'Purple Rain' , 'Snowwhite'

 5  Muscari macrocarpum Sweet  [The Muscarimia group]
   synonym Muscari ambrosiacum,
   synonym Muscari moschatum var. flavum Boiss.
   synonym Muscarimia macrocarpa (Sweet) Garbari
 ギリシャ、クレタ島原産。
 球根はひげ根をつけ、休眠期にも腐らない。葉は狭く、灰緑色、長さ約30㎝。総状花序は疎、長さ4~6㎝。花は黄色、蕾は紫褐色、非常に強い麝香の香りがあり、品種の'Golden Fragrance'が強い香りとはっきりした黄色の花をもつ典型である。
品種) 'Golden Fragrance' (PBR)

 6  Muscari neglectum Guss. ex Ten.  ムスカリ
   synonym Hyacinthus racemosus L.
   synonym Muscari atlanticum Boiss. & Reut.
   synonym Muscari leucostomum Woronow
   synonym Muscari pulchellum Heldr. & Sartori ex Boiss.
 ヨーロッパ、西アジア(イラン、シリア)、コーカサス、中央アジア(パキスタン)、北アフリカ原産。英名はgrape-hyacinth , musk-hyacinth , nutmeg-hyacinth , starch-hyacinth , Starch Grape Hyacinth。アメリカで帰化している。
 多年草、球根は卵形。葉は3~6本つき、線形、長さ15~25(~40)㎝。葉は秋に出て、花の初春頃まで。花茎は葉の長さと同長又はわずかに短い。総状花序は長さ1~5㎝、花が20~40個つく。花はつぼ形~円筒形、長さ4~8㎜、青黒色、口の周りに白色の歯をもつ。花序の頂部の花は不稔、しばしば、小さく、色も稔性の花より淡色。花はブドウに似た香りがある。果実は蒴果。
品種) 'Baby's Breath' , 'Iceberg'

 7  Muscari racemosum Mill.  [The Muscarimia group]
   synonym Muscari muscarimi Medicus
   synonym Hyacinthus muscari L.
   synonym Muscari ambrosiacum Moench,
   synonym Muscarimia muscari (L.) Losinsk 
 トルコ、ギリシャ原産。
 球根は大きく、太い肉質の根をもつ。葉は3~6個つき、線状披針形、長さ10~20㎝×幅4~15㎜、灰緑色。花茎は高さ10~18㎝、直立し、葉より短い。稔性の花は汚灰白色。不稔の花は(もしあれば)紫色。
品種) 'Major' , 'Frost' , 'White Triumphator'

 8  その他ハイブリッド品種 Muscari hybrids
品種) 'Air' , 'Aleyna' , 'Alida' , 'Aqua Magic' , 'Atlantic' , 'Baby's Breath' , 'Bahama' , 'Big Smile' , 'Bling Bling' , 'Blue Diamond' , 'Blue Dream' , 'Blue Eyes' , 'Blue Mountain' , 'Blue River' , 'Blue Star' , 'Blue Triumphator' , 'Bluefields Beauty' , 'Bovey Blue' , 'Bright Eyes' , 'Carola' , 'Chimcan' , 'Cote d'Azur' , 'Dark Eyes' , 'Early Magic' , 'Esther' , 'Etude' (PBR) , 'Heavenly Blue' , 'Iran' , 'Ivor's Pink' , 'Jenny Robinson' , 'John Morley's Early Seedling' , 'Joyce Spirit' , 'Ken Aslett' , 'Lindsay' , 'M.H. Hoog' , 'Marieke' , 'Marleen' , 'Maxabel' , 'Memory of Gary Fisher' , 'Merry Court' , 'Morgenhimmel' , 'Mount Hood' , 'Mountain Lady' , 'Peppermint' , 'Pink Sunrise' , 'Pink Surprise' , 'Rosy Sunrise' , 'Shaiera' , 'Sky Blue' , 'Sky Magic' , 'Snow Queen' , 'Society's Cream' , 'Superstar' , 'Touch of Snow' , 'Valerie Finnis'(M. armeniacum or M. neglectum) , 'Venus' , 'White Beauty' , 'Winter Amethyst'


 【類似属】

 Pseudomuscariは以前は節としてムスカリ属に含められていた(by A.S. Losina-Losinskaja 1935)、その後、亜属として分類され( by D.C. Stuart 1965)、1970年に4属に分けるよう提案された(by Fabio Garbari and Werner Greuter 1970 Muscari , Leopoldia , Muscarimia , Pseudomuscari )。現在はムスカリ属、プセウドムスカリ属、レオポルディア属が独立属として分けられた。GRINではこれらを分けずに、ムスカリ属に含めている。Muscarimiaはムスカリ属に含められ、グループとされている。

 プセウドムスカリ属

  Family Asparagaceae - subfamily Scilloideae - genus Pseudomuscari

 球根をもつ多年草、小型で、総状花序に密に花をつける。花柄は反り返る。稔性の花は淡青色~明るい青色、鐘形~筒形、ムスカリ属の花冠は口部が狭くなる(くびれる)が、プセウドムスカリ属は狭くならない。裂片は筒部と同色。不稔の花は稔性の花より小さくて少ない。蒴果は三角形、裂開する。
 世界に7種あり、地中海沿岸地域東部~イランに分布する。
(1) Pseudomuscari azureum (Fenzl) Garbari & Greuter 基準種
(2) Pseudomuscari chalusicum (D.C.Stuart) Garbari 花序は密、卵形、花は青色~明るい紫色
(3) Pseudomuscari coeleste (Fomin) Garbari
(4) Pseudomuscari coeruleum (Losinsk.) Garbari
(5) Pseudomuscari forniculatum (Fomin) Garbari
(6) Pseudomuscari inconstrictum (Rech.f.) Garbari 花序は緩く、円筒状、花は筒形、黒紫色
(7) Pseudomuscari pallens (M.Bieb.) Garbari 

 9  Pseudomuscari azureum (Fenzl) Garb. & Greuter プセウドムスカリ・アズレウム
   synonym Muscari azureum Fenzl,  ムスカリ・アズレウム
   synonym Bellevalia azurea (Fenzl) Boiss.
   synonym Hyacinthella azurea (Fenzl) Chouard
   synonym Hyacinthus azureus (Fenzl) Baker
 トルコ東部原産。英名はazure grape hyacinth。種名の azureum はbright blueを意味する。
 小型で高さ4~15㎝。球根は丸く、薄皮は褐色。葉は2~3本つき、灰緑色、上面が凹面、長さ約20㎝、春に出る。花序は短く、長さ1~3㎝、花は密につき、60個以下。花は長さ4~5㎜、明るい青色、各裂片の中央に暗色の縞を持つ。花冠は鐘形、口が狭くならず、プセウドムスカリ属Pseudomuscari に分類される。花期は早春、3月から。
品種) 'Album' , 'Amphibolis' , 'Bling Bling'

 レオポルディア属

  Family Asparagaceae - subfamily Scilloideae - genus Leopoldia

 総状花序は疎、花柄は花より長又は短。稔性の花は長楕円状つぼ形又は筒形、のど部で強くくびれ、普通、帯褐色、汚れた帯黄色、帯緑色、副花冠(corona)は無いが、しばしば、先の短い裂片の下に非対称に肩部がよく発達し、クリーム色、帯黄色又は帯黒色になる。不稔の花は多数つき、青色~紫色~ピンク色の毛(coma)を形成する(ときにかなり減る)。蒴果は果序の上で裂開し、3裂片は中位~強く扁平になる。
 世界に13種あり、地中海沿岸から付近のカナリア諸島などの島々に分布する。

(1) Leopoldia bicolor (Boiss.) Eig & Feinbrun,
(2) Leopoldia caucasica (Griseb.) Losinsk.
(3) Leopoldia comosa (L.) Parl
(4).Leopoldia cycladica (P.H.Davis & D.C.Stuart) Garbari 
(5) Leopoldia eburnea Eig & Feinbrun 
(6).Leopoldia ghouschtchiensis Jafari & Maassoumi
(7) Leopoldia gussonei Parl., 1857 - Sicily
(8) Leopoldia longipes (Boiss.) Losinsk
(9) Leopoldia maritima (Desf.) Parl.
(10)Leopoldia neumannii Bohnert & Lobin
(11).Leopoldia tenuiflora (Tausch) Heldr.
(12).Leopoldia tijtijensis Jafari,
(13) Leopoldia weissii Freyn

 10  Leopoldia comosa (L.) Parl. レオポルディア・コモサ
   synonym Muscari comosum (L.) Mill.  ハネムスカリ(フサムスカリ)
   synonym Muscari pinardii (Boiss) Boiss.,
   synonym Leopoldia pinardii (Boiss.) Halácsy
 ヨーロッパ南部、西アジア、北アフリカ原産。英名はgrape-hyacinth , tassel-hyacinth , tufted grape-hyacinth 。現在はレオポルディア属に分類される。
 高さ15(~30)㎝。球根は卵形、長さ3~3.5㎝×幅2.5~3㎝、小鱗茎(offset=bulblet)は無 、薄皮はピンク色。葉は3~5(~7)個つく。葉身は表面に溝があり、線状披針形、長さ20~40㎝×幅6~20(~30)㎜、先は長く細くなる。花茎は長さ(15~)30~50(~80)㎝、普通、葉より長い。総状花序は花が40~100個つく。花は花被筒が長楕円状つぼ形、稔性の花の花被筒は淡色オリーブ褐色~オリーブ褐色(黄緑色)、 長さ5~8㎜×幅2~4㎜、歯は薄褐色又は白色。不稔の花は20~30個つき、明るい紫色(violet)~紫青色、長さ2~6㎜× 幅1~2㎜。稔性の花の花柄は斜上し、長さ4~10(~15)㎜、花被はほぼ等しい。不稔の花の花柄は斜上し、稔性の花柄より長く、長さ 6~25(~40)㎜。蒴果は長さ 6~12㎜×幅6~8㎜。 2n = 18, 27。花期は晩春、5~6月。 品種の 'Plumosum'プルモーサム='Monstrosum'は花序がピンク紫色の糸状の不稔の花だけからなる。
品種) 'Album' , 'Epirus Giant' , 'Pinard' , 'Plumosum'プルモーサム='Monstrosum'


  ベレバリア属

  Family Asparagaceae - subfamily Scilloideae - tribe Hyacintheae - genus Bellevalia

 多年草、薄皮(tunic)のある球根をもつ。葉は数個、根生し、平行脈。花茎は1本~多数、円筒形、平滑。花序は頂生、ブドウの房状。花は多数つき、小さく、白色~青色~紫色、しばしば蕾~果実までの間に色が変わる。苞は小さく、膜質。花柄は真っすぐ、果時に長くなり、開出する。花被の筒部は鐘形又は漏斗形、1/2~2/3まで分裂し、裂片は反曲する。雄しべは6個、花被片の基部につく。葯は短く、青色。果実は蒴果、3稜形(triquetrous)、翼がある。種子は±球形、白粉色を帯び、まれに長楕円形又は光沢がある。
 世界に約50種があり、地中海沿岸地域~中央アジア、イラン、アフガニスタン、パキスタンに分布する。

 11  Bellevalia paradoxa (Fisch. & C.A.Mey.) Boiss. ベレバリア・パラドクサ
   synonym Muscari paradoxum (Fisch. & C.A.Mey.) K.Koch ムスカリ・パラドクサム
   synonym Bellevalia pycnantha (K.Koch) Losinsk.
   synonym Pseudomuscari acutifolium (Boiss.) Garbari
   synonym Pseudomuscari paradoxum (Fisch. & C.A.Mey.) Garbari
 トルコ、ジョージア原産。
 多年草、高さ20~60㎝。球根は球状卵形、長さ(1~)1.5~3㎝×幅1.5~2㎝、薄皮は淡~暗褐色。葉は2~3(~6)本つき、基部が狭く、先が尖り、長さ(6~)10~30(~45)㎝×幅, (2~) 3~10 (~20)㎜、線状披針形、緑色、縁は平滑。花茎は1本、まれに2~3本、花序を含んで高さ8~30 (~45)㎝、しbなしば、紫色を帯びる。花序は総状花序、花が10~25 (~45)個つき、広卵形~楕円形、穂状花序状、長さ1.5~8㎝x幅1~3㎝、果時には長さ12㎝以下に伸び、緩くなる。花序軸は緑色~帯紫色。苞はごく小さく、花柄より短い。花柄は花被より少し長く、長さ3~8㎜、果時に14㎜以下に伸びる。花被は長さ (3~) 5~6.5 (~7)㎜×幅2~3㎜、暗い鈍い紫褐色又は青紫色(黒色に近い暗紫色~青黒色、内側は帯緑色)、つぼ形(鐘形)、筒部は長さ2.5~6㎜、裂片は長さ0.5~1.5㎜、外側の裂片は三角形。葯は長さ0.6~1㎜、黄色。蒴果は直径3~10㎜、球形~倒卵形、褐色~青色を帯びる。
品種) 'Giant Grape Hyacinth' , 'Green Pearl'®

 参考

1) Flora of North America
  Muscari
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=121348
2)Flora of Alabama
  Muscari neglectum
 http://www.floraofalabama.org/Plant.aspx?id=4461
3) Review of taxons from genus Muscari cultivated in Department of Ornamental Plants in Szczecin
 genus Muscari
 http://www.herbapolonica.pl/magazines-files/4146481-Pages%20from%20Herba_3-47.pdf
4) GRIN
  Muscari
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=7878
5) Plant Finder - Missouri Botanical Garden
 Muscari armeniacum
 http://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder/PlantFinderDetails.aspx?kempercode=q880
6) Flora of New Zealand | Taxon Profile
 Muscari armeniacum Baker
 http://www.nzflora.info/factsheet/Taxon/Muscari-armeniacum.html
7)Morpho-anatomical studies on Bellevalia paradoxa Boiss. belonging to Liliaceae
  https://www.researchgate.net/publication/289885413_Morpho-anatomical
   _studies_on_Bellevalia_paradoxa_Boiss_belonging_to_Liliaceae
8) Synopsis of Leopoldia, Muscari and Pseudomuscari (Hyacinthaceae)
   in Iran with Leopoldia ghouschtchiensis sp.nova
  https://www.researchgate.net/publication/258244755_Synopsis_of_Leopoldia
   _Muscari_and_Pseudomuscari_Hyacinthaceae_in_Iran_with_Leopoldia_ghouschtchiensis_spnova
9) Flora of Pakistan
 Bellevalia
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=103728

TOP Back