ムスカリ  
[英名] grape hyacinth, Blue grape hyacinth, Armenian grape hyacinth
[学名] Muscari armeniacum Leichtlin ex Baker
Muscari colchicum Grossh.
キジカクシ科 Asparagaceae  ムスカリ属
三河の植物観察
ムスカリの花
ムスカリの花2
ムスカリの葉
ムスカリ
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 葉は長さ10~15㎝、幅0.5~1㎝.の線形。英名のようにブドウの房のような青色の花をつける。観賞用に栽培されているが、丈夫で、道端に逸出して見られる。ムスカリ属は40~50種ほどあり、花色もいろいろで、日本で最も多く栽培されている。代表的な種はムスカリ・アルメニアカム。2n=18
[花期] 3~5月
[草丈] 15~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種 地中海沿岸
[撮影] 蒲郡市形原町   09.4.14
TOP Back