ムシトリナデシコ  虫捕り撫子
[英名] sweet William silene , garden catchfly
[学名] Silene armeria L.
ナデシコ科 Caryophyllaceae  マンテマ属
三河の植物観察
ムシトリナデシコ花
ムシトリナデシコ花2
ムシトリナデシコ果実
ムシトリナデシコ葉
ムシトリナデシコ
ムシトリナデシコ茎
ムシトリナデシコ種子
 和名の由来は花の下の茎の茶色の部分から粘液を出し、虫がくっつくことから。江戸時代末期に観賞用に導入され、帰化したもの。世界に広く帰化している。
 葉は長さ3~5㎝の卵状長楕円形、無柄で、基部は茎を抱く。花は茎頂の集散花序につき、直径約1㎝。花弁は5個、爪部と舷部の境に鱗片2個がある。萼は先の太い円筒形で、先端が5裂する。雄しべ10個、花柱3個。種子は長さ約0.8㎜、厚さ約0.4㎜の楕円柱形。2n=24
[花期] 5~6月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種   ヨーロッパ、トルコ原産
[撮影] 蒲郡市形原町  02.5.26
TOP Back