ムサシアブミ  武蔵鐙
[中国名] 普陀南星 pu tuo nan xing
[学名] Arisaema ringens (Thunb.) Schott
サトイモ科 Araceae  テンナンショウ属
三河の植物観察
ムサシアブミの花
ムサシアブミの花2
ムサシアブミの葉柄
ムサシアブミ
ムサシアブミの葉
 仏炎苞が鐙(あぶみ)を逆さにした形に似ていることからこの名が付けられた。葉は2枚、小葉は3枚。小葉の幅はかなり広く、長さ10~30㎝。花柄は葉柄より短く、3~10㎝しかない。仏炎苞は暗紫色、舷部は曲がって袋状になり、先は尖り、脈が目立つ。筒口部の耳も大きい。テンナンショウ属でも特異である。
[花期] 3~5月
[草丈] 15~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸、谷沿の湿った林内
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国
[撮影] 城崎郡竹野町    03.5.31
TOP Back