ムラサキハナナス  紫花茄子
[別名] ブルーポテトブッシュ
[英名] blue potato bush , Paraguay nightshade , Royal robe
[学名] Lycianthes rantonnetii (Carriere) Bitter
Solanum rantonnetii Carriere
ナス科 Solanaceae  メジロホオズキ属
三河の植物観察
ムラサキハナナス花序
ムラサキハナナスの花
ムラサキハナナスの花2
ムラサキハナナスの咢
ムラサキハナナス幹
ムラサキハナナス
ムラサキハナナスの葉表
ムラサキハナナスの葉裏
 低木、アーチ状又は不規則に広がり、高さ2~3m。葉の下面の単毛又は分岐毛以外は無毛。刺は無い。茎はやや角(かど)があり、まばらに条線がある。葉はときに双生し、楕円形。葉身は長さ10㎝、幅5㎝以下、同色、全縁、基部は楔形、先は鋭形又は尖鋭形。葉柄は長さ0.5~1.5㎝、葉身の基部が広がり、上部が翼になる。花序は腋生、類鐘形の房状、花は2~5個、やや左右相称。花柄は長さ15~25㎜。咢は長さ4~5㎜。咢片は長さ2㎜、線形、ときに5個の2次裂片があり、10裂片となる。花冠は車形、直径20~30㎜、明るい青色~紫色~赤紫色、5本の濃色の帯があり、中央部に黄色の目がある。葯は不等形、上部はわずかに小さく、長さ約3㎜、長楕円形。液果は(見られない)、報告では類球状楕円形、基部は心形、長さ27~30㎜、黄色~赤色、食べられない。種子は長さ約2.5㎜、暗褐色。石細胞は多数、幅約1.5㎜。n=24。花期は5~10月。
 ときに、ナス属Solanumとして扱われる。しかし、花が腋生、花が1個より多いときに花序柄が無く、咢片が無く又は咢歯が5~10個であることによりメジロホオズキ属Lycianthesに置かれる。 DNA研究も LycianthesをSolanumから分離することを支持し、トウガラシ属 Capsicumに近いものである。
[花期] 5~10月
[樹高] 2~3m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  南アメリカ原産(アルゼンチン~パラグアイ)
[撮影] 浜名湖フラワーガーデン  18.5.11

 メジロホオズキ属

  Familia: Solanaceae - genus Lycianthes(Solanum subgenus Lycianthes )

 低木、亜低木、まれに草本又は匍匐し、刺は無い。多細胞の毛があり、毛が1~2~多数に分岐する。葉は単葉、対につきときに不等形の対になる。葉身は全縁。花序は葉腋に花が1~10個、束生する。花序柄は小さく退化又は欠く。花は放射相称、5数性、まれに4数性、花柄がある。咢は杯形、切形、しばしば、先に5~10個の歯がある。歯は線状錐形又はいぼ状、等形又は不等形。花冠は白色又は紫青色、車状又は星形、浅裂又は深裂。雄しべは花冠筒部の先につく。花糸は短く、等長。葯は楕円形、斜めの先の孔から裂開する。子房は2室、胚珠は多数。花柱は無毛。果実は球形の液果、赤色又は赤紫色。種子は小さく、多数、デルタ形~デルタ状腎形~レンズ形、細かい網目がある。
 世界に約180種があり、主に中央アメリカ、南アメリカに分布する。中国には10種、日本には2種がある。中国名は红丝线属 (hong si xian shu)。
【メジロホオズキ属の種】
 Lycianthes acapulcensis , Lycianthes acidochondra , Lycianthes acutifolia , Lycianthes amphidoxys , Lycianthes armentalis , Lycianthes arrazolensis , Lycianthes asarifolia , Lycianthes balanidium , Lycianthes bambusarum , Lycianthes banahaensis , Lycianthes barbatula , Lycianthes beckneriana , Lycianthes biflora(メジロホオズキ) , Lycianthes biformifolia , Lycianthes bigeminata , Lycianthes bimensis , Lycianthes boninensis(ムニンホオズキ) , Lycianthes brachyloba , Lycianthes campyloclada , Lycianthes ceratocalycia , Lycianthes chiapensis , Lycianthes chrysothrix , Lycianthes ciliolata , Lycianthes cladotrichota , Lycianthes coffeifolia, Lycianthes connata , Lycianthes cryptolobum , Lycianthes cuchumatanensis , Lycianthes cutacensis , Lycianthes cyathocalyx , Lycianthes dejecta , Lycianthes densestrigosa , Lycianthes denticulata , Lycianthes dombeyi , Lycianthes ecuadorensis , Lycianthes fasciculata , Lycianthes ferruginea , Lycianthes floccosa , Lycianthes francisci , Lycianthes fugax , Lycianthes furcatistellata , Lycianthes geminiflora , Lycianthes glandulosa , Lycianthes gongylodes , Lycianthes gorgonea , Lycianthes grandifrons , Lycianthes hawkesiana , Lycianthes heterochondra , Lycianthes heteroclita , Lycianthes hortulana , Lycianthes howardiana , Lycianthes hupehensis , Lycianthes hygrophila , Lycianthes hypochrysea , Lycianthes hypoleuca , Lycianthes impar , Lycianthes inaequilatera , Lycianthes inconspicua , Lycianthes japurensis , Lycianthes jelskii , Lycianthes kaernbachii , Lycianthes laevis , Lycianthes lagunensis , Lycianthes lasiophylla , Lycianthes ledermannii , Lycianthes lenta , Lycianthes leptocaulis , Lycianthes limitanea , Lycianthes lineata , Lycianthes lycioides(クコバコナスビ) , Lycianthes lysimachioides(ツルコンロンソウ) , Lycianthes macrodon , Lycianthes magdalenae , Lycianthes manantlanensis , Lycianthes marlipoensis , Lycianthes martiniana , Lycianthes maxonii , Lycianthes medusocalyx , Lycianthes memecylonoides , Lycianthes moszkowskii , Lycianthes moziniana , Lycianthes multiflora , Lycianthes neesiana , Lycianthes neglecta , Lycianthes nitida , Lycianthes ocellata , Lycianthes oliveriana , Lycianthes orogenes , Lycianthes pachypetala , Lycianthes parasitica , Lycianthes patellicalyx , Lycianthes pauciflora , Lycianthes peduncularis , Lycianthes pilifera , Lycianthes pilosissimum , Lycianthes poeppigii , Lycianthes porteriana , Lycianthes pringlei , Lycianthes profunderugosa , Lycianthes purpusii , Lycianthes quichensis , Lycianthes radiata , Lycianthes rantonnei(ムラサキハナナス) , Lycianthes rechingeri , Lycianthes repens , Lycianthes rimbachii , Lycianthes sanctae-marthae , Lycianthes sanctaeclarae , Lycianthes sancti-caroli , Lycianthes scandens , Lycianthes schizocalyx , Lycianthes schlechteriana , Lycianthes shunningensis , Lycianthes sideroxyloides , Lycianthes sodiroi , Lycianthes solitaria , Lycianthes somniculenta , Lycianthes speciosa , Lycianthes sprucei , Lycianthes stellata , Lycianthes stellatipubescens , Lycianthes stenoloba , Lycianthes stephanocalyx , Lycianthes subfalcata , Lycianthes synanthera , Lycianthes tarapotensis , Lycianthes tricolor , Lycianthes tysoniana , Lycianthes virgata , Lycianthes yunnanensis (The Plant List)


 メジロホオズキ属の主な種

 1  Lycianthes biflora (Lour.) Bitter メジロホオズキ(サンゴホオズキ)
 本州(南部)、九州、屋久島、種子島、トカラ列島、中国、台湾、インド、ヒマラヤ、東南アジア(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ)、 ニューギニア原産、中国名は红丝线 (hong si xian)。
 低木又は亜低木、高さ0.5~1.5m。帯黄色の単毛があり、しばしば多細胞の数珠状の毛が混じる。歯柄は長さ0.5~4㎝。葉身は2形。大きな葉は楕円状卵形、長さ9~15㎝、幅3.5~7㎝、上面にまばらに毛があり、下面に密に毛があり、基部は楔形、先は鋭形又は尖鋭形。小さな葉は広卵形、長さ2.5~4㎝、幅2~3㎝、基部は広い円形で沿下し、先は鋭形。花序は葉腋に数個、束生する。花柄は長さ0.5~2㎝。咢は杯形、長さ3~6㎜、幅3~3.5㎜、10歯がある。歯は線状錐形、長さ2~3㎜。花冠は淡紫色又は白色、しばしば乾くと暗色になり、星形、長さ8~12㎜、幅8~10㎜。花冠裂片は披針形、長さ6㎜、幅1.8㎜程度。花糸は長さ約1㎜。葯は長さ約3㎜、ときに内面に毛がある。花柱は長さ8~9㎜。果時の花柄は長さ1~2㎝。果実の咢は密に毛があり、単毛又は分岐毛がある。咢歯は長くなり、長さ3.~3.5㎜。液果は赤色、球形、直径6~9㎜。種子は多数、淡黄色、卵形~類デルタ形、長さ約2㎜、幅約1.5㎜、網目がある。花期は6~10月。2変種がある。
 1-1 Lycianthes biflora var. biflora
  葉には様々な毛があり、下面に帯褐色の毛はなく、葉身は9 × 3.5㎝以下。咢は長さ5~6㎜。
 1-2 Lycianthes biflora var. subtusochracea Bitter 密毛红丝线 (mi mao hong si xian)
 葉の下面に帯褐色の毛が密生し、葉身はほとんどが7.5 × 3.7㎝以下。咢は長さ3~4㎜。

 2  Lycianthes boninensis Bitter  ムニンホオズキ
    synonym Lycianthes biflora (Lour.) Bitter var. glabra (Koidz. ex Hatus.) Hatus
 日本固有種(小笠原諸島)。メジロホオズキとよく似ているが、全体に無毛、葉に光沢がある。
 多年草、高さ60~150㎝。茎の基部は木質化し、全体に無毛。葉は互生。葉身は卵状楕円形~卵円形、、先はやや尖り、全縁、上面は深緑色、光沢があり、両面に細かい腺点がある。花は腋生、1~3個つ束生し、白色、下向きに咲く。液果は球形、熟すと赤色になる。花期は5~9月。

 3  Lycianthes laevis (Dunal) Bitter 
 中国、インドネシア原産。中国名は缺齿红丝线 (que chi hong si xian)
 低木、高さ1~2m、無毛になるか又は有毛、毛は単毛。茎は微軟毛がある。葉は不等形の双生。大きな葉の葉柄は長さ5~10㎜、小さな葉の葉柄は長さ3~5㎜。大きな葉の葉身は楕円形、長さ10~20㎝、幅4~8㎝、膜質、上面はまばらに有毛又は無毛になり、下面は無毛、脈に微軟毛があり、基部は楔形、全縁、先は尖鋭形。小さな葉の葉身は大きな葉に似て、長さ3~8㎝、幅1.5~3.5㎝。花序は花が2~7個、葉腋に束生する。花柄は長さ5~10㎜、微軟毛がある。咢は杯形、長さ2~3㎜、幅2~3㎜、先は全縁、ときに長さ約0.5㎜の1歯がある。花冠は紫色又は白色で先が紫色、星形、約8㎜。花冠裂片は披針状楕円形、長さ約5㎜、幅約1.2㎜、無毛になる。花糸は長さ約0.5㎜。葯は長楕円形、長さ約2.5㎜。花柱は細く、長さ7~8㎜。液果は球形、直径5~6㎜、無毛。種子は卵形、円盤状、長さ葯.5㎜、幅約1㎜。花期は8~10月。果期は10~12月。
 3-1 Lycianthes laevis (Dunal) Bitter var. kotoensis (Y.C.Liu et C.H.Ou) T.Yamaz.  ヤエヤマメジロホオズキ

 4  クコバコナスビ(枸杞葉茄子) Lycianthes lycioides (L.) Hassl.
    synonym  Solanum lycioides L.
    synonym  Solanum lyciiforme Dammer
    synonym  Solanum candicans Dunal
 南アメリカ(コロンビア~チリ、アルゼンチン)原産。
 低木、複雑に分枝し、高さ2m以下。枝のシュートはしばしば先が刺状になる。葉は無毛~星状毛があり、類束生、広倒卵形~長楕円状楕円形、まれに類円形、普通、長さ2~4㎝。花序は側枝の上の葉に腋生、花が1~5個つき、花序柄は無い。花は普通、青紫色、中央が黄色。花柄は長さ1~1.5~2.8㎝。咢は筒状鐘形、5歯があり、ときに、歯が分裂し、長さ1.5~2.5㎜。花冠は車形、幅約1.5㎝葯は不等形。。花糸は赤色又はオレンジ色。果実は液果、球形、直径6~8㎜、8個の硬い種子が入る。

 5  Lycianthes lysimachioides (Wall.) Bitter  ツルコンロンソウ
    synonym Lycianthes lysimachioides (Wall.) Bitter var. formosana Bitter
 中国、インド、ネパール、インドネシア原産。中国名は单花红丝线(dan hua hong si xian)
 多年草、長さ1.5m以下、這い、平伏し又はよじ登り、節から根を出し、多細胞の直毛がある。葉は不等形の葉が双生する。大きな葉の葉柄は長さ0.8~3㎝、小さな葉の葉柄は長さ2~3㎜、ときに有毛。大きな葉の葉身は卵形~楕円形~卵状披針形、長さ3~7㎝、幅2.5~7.5㎝、両面に毛があり、下面は無毛になり、縁毛があり、基部は楔形~円形~心形先は尖鋭形又は鋭形。小さな葉の葉身は長さ2~4.5㎝、幅1.2~2.8㎝。花序は花が1(又は2)個、束生。花序柄は無い。花柄は長さ8~10㎜。咢は杯形~鐘形、長さ約5㎜、幅約7㎜。10脈がある。花冠は白色~ピンク色~淡紫色、星形、直径1.8㎝。花冠裂片は披針形、長さ10㎜、幅3~4㎜、しばしば、先が反り返り、外面に毛がある。花糸は長さ約1㎜、無毛。葯は長さ3~3.5㎜、幅1.2㎜。子房は無毛。花柱は細く、長さ約8㎜。果柄は長さ0.5~1.5㎝。液果は赤色、球形、直径約8㎜。種子は卵状デルタ形、直径1.5~2㎜、細かい網目がある。

 6  Lycianthes mociniana (Dunal) Bitter
   synonym Solanum mozinianum Dunal
   synonym Solanum uniflorum Sesse & Moc.
 メキシコ、グアテマラ原産。暖地で栽培される。英名は nonochton , tlanochtle。
 多年草、直立し、高さ60㎝以下、まれに高さ1.2mになる。根は太く、塊根状。茎は1本又は分枝し、毛がある。毛はときに後屈し、また、ときに、少数分岐する毛がある。葉は単葉、互生又は頻繁に節に2個双生し、対生に似る。葉は変化が多く、縁はときに波打ち、両面に毛があり、葉柄は短い。花序は花が葉腋に単生、花柄は長く、曲がる。咢は長い咢片がフレアー状になり、狭く、尖り、不等長、毛で覆われる。花冠は濃紫色又は青色、ときに、円形で中央からの5線をもち、縁には小さな三角形の歯があり、背面の線に毛がある。雄しべは5個、1個が他より長く、短い4個は花柱の囲んで葯が結合する。最も長い雄しべは葯が花柱に結合する。果実は球形、わずかに円錐形、肉質、黄色、長さ2㎝以下、無毛、咢に囲まれる。
 7  Lycianthes pauciflora (Vahl) Bitter
 西インド諸島、南アメリカ原産。
 小型、木質状の匍匐茎をもつ。花は白色。果実は明るい赤色。
 8  Lycianthes rantonnetii (Carriere) Bitter ムラサキハナナス 
 南アメリカ(アルゼンチン~パラグアイ)原産。英名はblue potato bush , Paraguay nightshade , Royal robe。
 低木、アーチ状又は不規則に広がり、高さ2~3m。葉の下面の単毛又は分岐毛以外は無毛。刺は無い。茎はやや角(かど)があり、まばらに条線がある。葉はときに双生し、楕円形。葉身は長さ10㎝、幅5㎝以下、同色、全縁、基部は楔形、先は鋭形又は尖鋭形。葉柄は長さ0.5~1.5㎝、葉身の基部が広がり、上部が翼になる。花序は腋生、類鐘形の房状、花は2~5個、やや左右相称。花柄は長さ15~25㎜。咢は長さ4~5㎜。咢片は長さ2㎜、線形、ときに5個の2次裂片があり、10裂片となる。花冠は車形、直径20~30㎜、明るい青色~青紫色~紫色~赤紫色、5本の濃色の帯があり、中央部に黄色の目がある。葯は不等形、上部はわずかに小さく、長さ約3㎜、長楕円形。液果は(見られない)、報告では類球状楕円形、基部は心形、長さ27~30㎜、黄色~赤色、食べられない。種子は長さ約2.5㎜、暗褐色。石細胞は多数、幅約1.5㎜。n=24。花期は夏~秋。
 ときに、ナス属Solanumとして扱われる。しかし、花が腋生、花が1個より多いときに花序柄が無く、咢片が無く又は咢歯が5~10個であることによりメジロホオズキ属Lycianthesに置かれる。 DNA研究も LycianthesをSolanumから分離することを支持し、トウガラシ属 Capsicumに近いものである。
 品種)  'Blue Shadow' , 'Creami-ness' (v) , 'Great Clorox Disaster' , 'Mamalyc' (PBR) , 'Monrita' , 'Royal Robe' , 'Royal Robe Variegata' , Sunny Daze = 'MonRita' (v) , 'Variegata' (v) = 'Variegatum'


 参考

1) Flora of China
 Lycianthes
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=119140
2) The Electronic Flora of South Australia
 Factsheet - *Solanum rantonnetii, now Lycianthes rantonnetii
 http://www.flora.sa.gov.au/efsa/lucid/Solanaceae/Solanum%20species/key/
  Australian%20Solanum%20species/Media/Html/
  Solanum_rantonnetii_now_Lycianthes_rantonnetii.htm
TOP Back