ムカゴイラクサ  零余子刺草、珠芽刺草
[中国名] 珠芽艾麻 zhu ya ai ma
[学名] Laportea bulbifera (Sieb. et Zucc.) Wedd.
イラクサ科 Urticaceae  ムカゴイラクサ属
三河の植物観察
ムカゴイラクサの珠芽
ムカゴイラクサの果実
ムカゴイラクサの葉
ムカゴイラクサ葉の刺し毛
ムカゴイラクサ茎の刺し毛
ムカゴイラクサ
ムカゴイラクサ雌花序
ムカゴイラクサ雌花序
 葉や茎に刺し毛があり、珠芽(むかご)がつくのが特徴。葉は互生し、長さ6~16㎝、幅2.5~8㎝の披針形~卵形、均等な鋸歯があり、先が尖る。葉柄は長さ1.5~10㎝。雌雄同株。雌花は頂部の葉腋から出る長さ10~25㎝の円錐花序につく。雌花は花被片4個、不同長、2個は花後に肥大し痩果を包む。花柱が白色の刺状で目立つ。雄花は葉腋の長さ3~10㎝の花序につく。雄花は花被片5個、雄しべ5個。珠芽は直径3~6㎜、下方の葉腋につく。痩果は周りが翼状になり、長さ1.5~3㎜の縦長のハート形。2n=60
 ミヤマイラクサは葉が広卵形~円形、鋸歯が粗くて鋭く、珠芽がつかない。
 イラクサはイラクサ属であり、葉が対生する。茎や葉の刺し毛が多く、葉の鋸歯が欠刻状で、珠芽がつかない。
[花期] 8~9月
[草丈] 30~70(150)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、インド、ブータンスリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア
[撮影] 設楽町 03.9.17
TOP Back