モモイロツメクサ  桃色詰草
[学名] Trifolium repens L. form. roseum Peterm.
マメ科 Fabaceae  シャジクソウ属
三河の植物観察
モモイロツメクサの花
モモイロツメクサの花2
モモイロツメクサの萼
モモイロツメクサの葉
モモイロツメクサ
シロツメクサ萼
 シロツメクサの花が淡紅色の品種。シロツメクサに混じって稀に見られる。萼片の縁の紅色もやや強い。花の色以外はシロツメクサと変わりがない。
 オオシロツメクサ form. giganteum はシロツメクサの大型品種。花や葉など全体に大きい。
 タチオランダゲンゲも花が淡紅色~白色である。葉もほとんど同じだが、茎の上部の葉柄が短くなり、茎の節から発根することがない。また、萼片が萼筒とほぼ同長か又は長い。
 ムラサキツメクサは花が淡紅色、葉に軟毛があり、花柄が短い。
[花期] 5~8月
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい平地
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産
[撮影] 蒲郡市形原町  02.4.7
TOP Back