ミヤマゼンゴ  深山前胡
[別名] ミヤマゼンゴ
[学名] Coelopleurum multisectum (Maxim.) Kitag.
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  エゾシシウド属
三河の植物観察
ミヤマゼンコの小花序
ミヤマゼンコの花
ミヤマゼンコの花横
ミヤマゼンコの茎
ミヤマゼンコ
ミヤマゼンコ葉
 茎はやや太く、中空、赤色を帯びる。葉は長さ10~15㎝、2~4回3出羽状複葉の三角状、質が厚い。小葉は先が尖り、長卵形~卵形、鋸歯も鋭い。葉柄は大きな袋状の鞘があり、赤みを帯びる。大散花序に小さな白花を多数つける。総苞片はなく、小総苞片は線形~披針状長楕円形。花は直径約2.5㎜。花弁は5個、先が内側に巻く。雄しべ5個、葯は紫褐色。果実の分果は長さ4~6㎜、無毛、翼は肋より狭い。
 ミヤマセンキュウは開花時期がやや遅い。葉が整った三角形、葉の切れ込みが細かく、先が尾状に尖る。小総苞片が線形で長い。
[花期] 7~8月
[草丈] 15~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山、高山の草地、礫地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(中部地方)
[撮影] 乗鞍岳 06.8.20
TOP Back