ミヤマウズラ  深山鶉
[中国名] 斑叶兰 ban ye lan
[学名] Goodyera schlechtendaliana Reichb. fil.
ラン科 Orchidaceae  シュスラン属
ミヤマウズラの花
ミヤマウズラの花2
ミヤマウズラの葉2
ミヤマウズラ
ミヤマウズラ葉
 和名は葉の斑紋をウズラに例えたもの。
 根茎は細く、多くの節がある。茎は、緑白色、長さ4~6㎝、直立し、4~6個の葉が集まって互生する。葉は常緑、長さ2.5~5㎝、幅0.8~2.2㎝、葉表は暗緑色、白い斑紋があり、葉裏は淡緑色。花茎は長さ5~12㎝。茎頂の穂状花序は長さ3~10㎝、花が(3)5~12(20)個、並んで片側に向く。花の基部の苞は長さ7~12㎜、膜質、披針形。花柄と子房はやや中間が膨らんだ円柱形、長さ8~12㎜。花は長さ約1㎝、白~淡紅色、毛を密生する。萼片3個、背萼片は舟形、長さ約8.5㎜、先端の内側に黄褐色の斑点がある。側萼片2個は卵状披針形、長さ約9㎜。側花弁2個は長さ約8.5㎜、倒披針形。唇弁は長さ約7㎜の卵形、下唇部は窪み、袋状、内面が膨らみ乳頭状の毛があり、上唇部は長さ3.~3.5㎜、筒部は長さ約3㎜。花粉塊は長さ約3㎜。小唇体は長さ2~3㎜、細長く2裂する。
 葉に白班がないものをフナシミヤマウズラという。
 シュスランは葉の表面がビロード状で光沢があり、主脈に沿う1本の白線が目立つ。
[花期] 8~9月
[草丈] 6~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種 北海道(中部)、本州、四国、九州
[撮影] 猿投山 03.8.21
TOP Back