ミヤマクロスゲ  深山黒菅
[学名] Carex flavocuspis Franch. et Sav.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
ミヤマクロスゲの穂
ミヤマクロスゲ
 根茎は短く、やや叢生する。茎、葉ともにざらつかない。葉は幅3~5㎜。頂小穂は雄性。側小穂は2~4個つき、雌性。下部の小穂は長柄につく。鱗片は黒褐色の狭卵形で、長さは果胞とほぼ同じ。中肋の先は短い芒となる。果胞は淡黄緑色の扁平な卵形で、嘴は短く、縁は平滑。痩果は倒卵状楕円形。柱頭は3岐。
[果期] 7~8月
[草丈] 10~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山の草地
[分布] 在来種 本州(中部以北)、ロシア
[撮影] 栂池自然園 07.7.27
TOP Back