ミツバベンケイソウ  三葉弁慶草
[中国名] 轮叶八宝 lun ye ba bao
[学名] Hylotelephium verticillatum (L.) H.Ohba
Sedum telephium L. subsp. verticillatum (L.) Frod.
ベンケイソウ科 Crassulaceae   ムラサキベンケイソウ属
三河の植物観察
ミツバベンケイソウ
ミツバベンケイソウの花
ミツバベンケイソウの果実
ミツバベンケイソウの葉
ミツバベンケイソウ葉裏
ミツバベンケイソウ
ミツバベンケイソウ花序
ミツバベンケイソウ葉裏
 根は細く、ひげ根状。茎は直立する。全体に無毛。葉は3~5個 輪生し、日本では3個が多いためミツバベンケイソウの名がつけられている。小形の株では対生することもあり、中国では5個が普通とされている。葉柄は長さ2~10㎜。葉身は長さ3~10㎝、幅1.5~3.5㎝の楕円形~広披針形、鋭頭、低い鋸歯縁、乾くと細脈が透けて見え、褐色の小点がある。葉裏は白緑色。茎頂に幅2~6㎝のほぼ球形の複散房状花序をつけ、密に花をつける。花弁は5個、緑白色~黄白色、長さ3.5~5㎜の楕円形~長楕円形。萼片は長さ0.5~1㎜の三角状卵形。雄しべは10個、花弁よりやや長く、裂開直前の葯は淡黄色、まれに暗褐色。心皮は5個。長さ2.5~5㎜、倒卵形~惰円形。果実は袋果。種子は褐色、狭卵形。
 アオベンケイ Hylotelephium viride は樹幹や岩上に生え、葉が対生する。花は淡黄緑色。葯は橙色~淡褐色。
 オオベンケイソウ Hylotelephium spectabile は朝鮮、中国原産の園芸種。葉は対生又は3個輪生する。花は紫紅色~紫色。葯は紫色。雄しべは長さ6~8㎜、花弁より長く、中国名は长药八宝 (chang yao ba bao )。
 ベンケイソウ Hylotelephium erythrostictum は北海道、本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、ロシアに分布。葉が対生、まれに3個輪生し、花が白色~淡紅色。雄しべは花弁より短い。葯は紫色。中国名は八宝( ba bao )
[花期] 8~9月
[草丈] 20~80(200)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の半日陰の岩場
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 東栄町  15.9.23
TOP Back