ミカワショウマ  三河升麻
[学名] Astilbe odontophylla (Miq.) var. okuyamae (H.Hara) H.Hara
Astilbe thunbergii (Sieb. et Zucc.) Miq. var. okuyamae (Hara) Ohwi
ユキノシタ科 Saxifragaceae  チダケサシ属
ミカワショウマの葉
ミカワショウマの頂小葉
ミカワショウマの鋸歯
ミカワショウマ
 愛知県固有種であり、分布がが限られ、愛知県絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
 茎は斜上し、茎上部の葉はほとんどない。 葉は2~3回3出複葉。頂小葉は長さ5~12㎝の広卵形、基部は心形で、先が尾状~鋭頭、トリアシショウマほど長い尾状にはならない。葉縁には浅い重鋸歯がある。ミカワショウマは葉縁の鋸歯がトリアシショウマに比べ、浅く、イカリソウを思わせる葉の形と形容される。円錐花序には花を多数つける。萼片は長さ約1.2㎜の卵状披針形。花弁は5個つき、長さ約4㎜、白色、へら状。
 類似のトリアシショウマは葉の先端が尾状に長く尖ることが多く、葉の基部の心形も浅い。葉縁の重鋸歯が深く、欠刻状。 
[花期] 7~8月
[草丈] 40~70cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿った 岩崖地、林内
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(愛知県)
[撮影] 猿投山 03.7.12
TOP Back