メハジキ  目弾き
[別名] ヤクモソウ  益母草
[中国名] 益母草 yi mu cao
[英名] Chinese motherwort
[学名] Leonurus japonicus Houtt.
Leonurus artemisia (Lour.) S. Y. Hu
Leonurus sibiricus auct. non L.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  メハジキ属
三河の植物観察
メハジキ花
メハジキ花横
メハジキ果実
メハジキの4分果
メハジキの葉裏
メハジキの茎
メハジキ
メハジキ花序
メハジキ分果
メハジキ葉
 東アジアに分布し、南北アメリカやヨーロッパに帰化している。
 茎には下向きの曲がった毛が生える。卵心形の根生葉は花期にはなく、茎葉は掌状に深く切れ込む。葉には白毛が生え、表面には点在、裏面には密生する。3~5個の花からなる花序を茎の周りに集めて仮輪となって、段状につく。萼は長さ6~7㎜、先は5裂し、鋭く尖る。萼の基部に刺針状の短い小苞がある。花冠は長さ10~13㎜の2唇形、紅紫色。上唇の背面には白毛がある。果実は4分果。分果は長さ約2.5㎜、3稜があり、熟すと暗褐色になる。
[花期] 6~9月
[草丈] 50~150㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 野原、道端
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、ロシア、熱帯アジア(インド、ネパール、インドシナ、マレーシア)
[撮影] 豊川市三上町 02.6.14
TOP Back