マルバヤハズソウ  丸葉矢筈草
[中国名] 长萼鸡眼草 chang e ji yan cao
[英名] Korean lespedeza , Korean clover
[学名] Kummerowia stipulacea (Maxim.) Makino
マメ科 Fabaceae  ヤハズソウ属
三河の植物観察
マルバヤハズソウの花
マルバヤハズソウの葉
マルバヤハズソウの茎の上向きの毛
マルバヤハズソウの果実
マルバヤハズソウとヤハズソウの種子
マルバヤハズソウ
マルバヤハズソウ果実
マルバヤハズソウとヤハズソウの果実
 ヤハズソウと花がよく似ており、葉の幅が広く、円い。ヤハズソウと混生していることも多く、間違えやすい。
 全体に毛が多く、茎には上向きの毛がある。葉は3出複葉。小葉の幅がヤハズソウよりやや広く、下部の葉の先が凹むのが特徴である。上部の葉はヤハズソウとよく似ているが、全体に白っぽく、縁の毛が立っている。葉脈は平行脈。花は蝶形花、旗弁は淡紅紫色、基部に短い茶色の筋模様が放射状につく。翼弁と舟弁は白色、舟弁の先が茶色になる。果実は長さ2.1~2.7(2.5~3)㎜、円頭。萼は無毛、短く、長さ1~1.4㎜、長くても果実の半長程度まで。種子は長さ1.5~1.9㎜、黒色。2n=20,22
 ヤハズソウは茎の毛が下向き。小葉の幅が狭く、葉先は凹まない。花の旗弁の筋模様が紅紫色で長い。果実の先が尖り、萼が長さ約3㎜と長く、果実の半分以上を覆い、有毛、縁毛が目立つ。種子も大きく、表面に大理石のような班紋がある。
[花期] 8~10月
[草丈] 15~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 蒲郡市 05.9.17
TOP Back