クチナシグサ  梔子草
[別名] カガリビソウ
[中国名] 鹿茸草 lu rong cao
[学名] Monochasma sheareri (S.Moore) Maxim.
ハマウツボ科 Orobanchaceae  クチナシグサ属
三河の植物観察
クチナシグサの花
クチナシグサの萼
クチナシグサ
 和名の由来は萼の形がクチナシの実に似ていることから。科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 葉は対生し、長さ2~3㎝、幅2~4㎜の線形~線状披針形。花は長さ約1㎝の唇形、淡紅色。萼は4裂し、萼筒は花時に長さ6~10㎜。萼片は葉に似て、花時に長さ1.4~2㎝、幅約3㎜。萼筒の下に、萼片に似た2個の苞葉がつく。花冠は紫色を帯びた白色、筒部は長さ約5㎜。果実は長さ6~8㎜。
[花期] 4~5月
[草丈] 地をはう(長さ10~20㎝)
[生活型] 越年
[生育場所] 道端、畑
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、九州、中国
[撮影] 葦毛湿原周辺  04.4.24
TOP Back