クサヨシ  草葦
[中国名] 草 ge cao
[英名] reed canarygrass
[学名] Phalaris arundinacea L.
イネ科 Poaceae  クサヨシ属
三河の植物観察
クサヨシ花序
クサヨシ小穂
クサヨシ熟した小穂
クサヨシ雄しべ
クサヨシ葉舌
クサヨシ葉
クサヨシ果実
クサヨシ
クサヨシ川の中
クサヨシ葉拡大
クサヨシ小花
クサヨシ熟した護頴に包まれた果実
クサヨシ黒穂病の小穂
 和名の由来はヨシ(アシ)に似ていて草質であることから。茎は叢生して直立し、地下に長い走出枝を伸ばして川の中などに群生する。葉は柔らかく、長さ20~30㎝、幅0.8~2.5㎝、縁がざらつく。葉舌は質が薄く、白色、長さ3~5㎜の切形。葉鞘は平滑。花序は直立し、長さ10~15㎝、花が開くまでは緑色の円柱状、花時は枝が開き、円錐状になり、果時には戻り、幅が狭くなる。小穂は長さ4~5㎜、3小花からなる。両苞頴は同形、鋭い竜骨があり、折れ曲がり、鋭頭。第1小花及び第2小花は極端に退化して小さく、第3小花の基部の毛束のように見える。第3小花は長さ3~3.5㎜、護頴に短毛がある。雄しべは3個つき、葯は橙黄色。小穂は熟すと第3小花の護頴が褐色になり、苞頴は緑色のままである。黒穂病に罹る小穂も多く、小穂が伸びてしまったように見える。果実は光沢がなく、長さ1.6~2㎜、暗灰褐色、先端は黒色を帯びる。2n=28
[花期] 5~6月
[草丈] 70~180㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 水辺、湿地、休耕水田
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、北半球に広く分布
[撮影] 豊川市  09.6.3
TOP Back