クサコアカソ  草小赤麻
[別名] マルバアカソ
[学名] Boehmeria gracilis C.H.Wright
Boehmeria tricuspis (Hance) Makino var. unicuspis Makino.
イラクサ科 Urticaceae  カラムシ属(ヤブマオ属)
三河の植物観察
クサコアカソの花序
クサコアカソの花
クサコアカソの果実
クサコアカソ
クサコアカソ葉
 茎はコアカソのように木質化しない。葉は長さ5~10㎝の菱状卵形~楕円形で、先が尾状に尖り、アカソのようには先が3裂しない。鋸歯の片側の山の数は10~20個。写真のものは12個。雌雄同株。有性生殖の2倍体と無性生殖の3倍体がある。無性生殖の3倍体も雄花序をつけるが、成熟せずに枯れる。2n=28,42
 類似のコアカソ Boehmeria spicata は小低木で、葉の幅がやや狭く、鋸歯の片側の山の数は10個以下。Flora of ChinaなどではBoehmeria gracilis(細野麻)をBoehmeria spicata(小赤麻)の異名とし、クサコアカソをコアカソに含めている。
[花期] 7~9月
[草丈] 60~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
[撮影] 設楽町  06.9.16
TOP Back