クログワイ  黒慈姑
[学名] Eleocharis kuroguwai Ohwi
カヤツリグサ科 Cyperaceae  ハリイ属
三河の植物観察
クログワイの穂
クログワイの穂
クログワイ
 長い根茎をのばし、その先に直径6~10㎜の黒い塊根をつけ、クワイのように食べられ、これが和名の由来となっている。茎は株状になって直立し、内部は中空、多数の横の隔膜があり、断面は円形。小穂は長さ約3㎝の円柱形、茎頂に1個ずつつく。苞はない。花は両性花、雌性先熟。発芽様式などの違いにより、水田型とため池型2つの生態形が知られている。
[花期] 7~10月
[草丈] 40~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 池沼、水田
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮
[撮影] 蒲郡市形原町  05.9.24
TOP Back