クマヤナギ  熊柳
[学名] Berchemia racemosa Sieb. et Zucc.
クロウメモドキ科 Rhamnaceae  クマヤナギ属
三河の植物観察
クマヤナギ花序
クマヤナギ花
クマヤナギ果実
クマヤナギ若木の托葉
クマヤナギ
クマヤナギ果実
クマヤナギの葉
 やや蔓性で小さいものも多く、他の植物などにからんで伸びる。大きくなると高さ5mほどの傘形の樹冠になる。
 樹皮は紫褐色。葉は互生し、長さ4~6㎝の卵形~長楕円形、全縁、先は鈍い又は丸く、基部は円形~浅い心形。側脈は7~8対、平行で縁に達する。葉裏は帯白色。円錐花序に淡黄緑色の直径約3㎜の花を多数つける。花序の横枝は分枝しない。萼片は5個、先が長三角形に尖る。5個の花弁は萼片より短く、雄しべを抱くように取り巻く。果実は長さ約5㎜の長楕円形の核果、翌年の夏に赤~黒色に熟す。核は長さ約4㎜、黄白色。
 オオクマヤナギ Berchemia magna は葉がやや大きく、側脈が9~13対。花序は横枝が分枝し、軸に褐色の毛がある。
 ミヤマクマヤナギ Berchemia pauciflora は全体に小型、葉の側脈は5~7対。花序も小さい。
 ヒメクマヤナギ Berchemia lineata 沖縄、中国、台湾、インド、ベトナムに分布する。葉や花が小さい。中国名は铁包金 (tie bao jin )。
[花期] 7~8月
[樹高] 蔓性
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 丘陵、山地の林内
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 新城市  09.9.3
       15.6.15(果実)
TOP Back