クマガイソウ  熊谷草
[別名] ホロカケソウ
[中国名] 扇脉杓兰 shan mai shao lan
[英名] Japanese lady's-slipper
[学名] Cypripedium japonicum Thunb.
ラン科 Orchidaceae アツモリソウ属
三河の植物観察
クマガイソウの花
クマガイソウの花4
クマガイソウの花2
クマガイソウの葉
クマガイソウ
クマガイソウ花
 これは東栄町の森下さんが杉林の中で栽培し、長い年月をかけて増やしたものである。奥三河の山中には自生のものも稀にあり、伐採作業中に見られると聞いている。まだ自生のものを見たことはない。
 日本の野生蘭の中で最大。地下に匐枝を伸ばして増え群生する。葉は扇形、2個対生し、直径20~30㎝の円形に広がる。花は幅約10㎝、側花弁2個と唇弁1個、唇弁が袋状になるのが特徴である。萼片は上下に2個つく。側萼片2個が合着して下部の1個の萼片になっている。側花弁と萼片は同色である。2n=20
[花期] 4~5月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 東栄町(栽培)  05.5.15
TOP Back