クコ  枸杞
[中国名]

枸杞 gou qi

[英名] Chinese boxthorn, Chinese desert-thorn
[学名] Lycium chinense Mill.
ナス科  Solanaceae  クコ属
三河の植物観察
クコの花
クコの葉
クコの花2
クコの果実
クコ
クコ花と実
 三河地方では海岸に多い。枝に刺がある。葉は互生し、長さ2~5㎝、幅1~2㎝の長楕円形、無毛。花は淡紫色、直径約1㎝。花の色がしだいに抜け、茶色に変わる。果実は長さ約2㎝の惰円形の液果で、秋に橙色に熟す。そのまま果実を食べても不味いが、食用・薬用に用いられる。3~4月の若葉も山菜として親しまれている。果実が熟し始める頃にも、開花しており、花と橙色の果実が一緒に見られる。
[花期] 7~9月
[果期] 8~11月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] やや湿った土手、林縁、海岸
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、モンゴル、タイ
[撮影] 田原市海岸  06.10.28
TOP Back