コチヂミザサ  小縮み笹
[別名] チヂミザサ(広義)
[中国名] 日本求米草 ri ben qiu mi cao
[学名] Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. japonicus (Steud.) Koidz.
Oplismenus undulatifolius (Ard.) P.Beauv. form. japonicus (Steud.) T.Koyama
イネ科 Poaceae  チヂミザサ属
三河の植物観察
コチヂミザサの穂
コチヂミザサの無毛の花軸
コチヂミザサの葉鞘
コチヂミザサの第2小花
コチヂミザサの果実
コチヂミザサ
コチヂミザサ葉表
コチヂミザサ葉裏
コチヂミザサ小穂2
 葉形がササに似て、葉が波打つのが特徴である。苞頴に長い芒がある。成熟するとこの芒に粘液が出て衣服にくっつく。広義のチヂミザサは2変種に分けられ、花序の軸や葉鞘がほとんど無毛のものをコチヂミザサとしている。
 茎は地表を匍匐し、節から枝を直立又は斜上する。葉は長さ3~7㎝幅10~15㎜の広披針形、先は次第に尖り、基部は狭まる。葉は波打ち、両面に短毛が密生してビロード状である。葉鞘は無毛、縁だけに毛がある。花序は長さ10~15㎝、花軸は無毛、小穂を1~6個つける。小穂は長さ3~4㎜の狭卵形、2小花からなり、第1小花は護頴だけ。第1苞頴は長さ約3㎜、長さ12~20㎜の芒がある。第2苞頴は長さ約2.5㎜、芒は長さ3~4㎜と短い。第1小花の護頴の芒は長さ約1.5㎜。第2小花の護頴と内頴は光沢のある革質。果実は長さ約2㎜。
 葉の基部や、葉鞘、花序の軸に長毛の生えるものはケチヂミザサ(別名チヂミザサ)である。
[花期] 8~10月
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の林中、道端
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
[撮影] 設楽町 07.9.8
TOP Back