コタチツボスミレ  小立坪菫
[学名] Viola grypoceras A. Gray var. exilis (Miq.) Nakai.
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
コタチツボスミレの花
コタチツボスミレの距
コタチツボスミレの葉
コタチツボスミレ
 タチツボスミレの変種で、西日本の日本海側に多い。分類上、諸説あり、Flora of Chinaでは茎が平伏して這うものをvar. exilisとする見解もあるとしているだけである。
 全体に小型。葉は長さ1~2㎝とタチツボスミレよりかなり小さく、葉脈が目立たず、葉の基部が切形~浅い心形、鋸歯が粗く鋸歯の先が尖る。典型的な葉形は三角形で、基部は切形。変異が多く、地域差もある。花は直径約1.5㎝で、タチツボスミレよりやや小さい程度である。匍匐性が強く、花後に地を這う。愛知県内には非常に少なく、残念ながら三河では確認されていない。
[花期] 3~5月
[草丈] 5~10㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、台湾
[撮影] 瀬戸市 04.4.3
TOP Back