コシアブラ  漉し油
[別名] ゴンゼツ、ゴンゼツノキ、トウダイ(三河地方)
[学名] Eleutherococcus sciadophylloides (Franch. et Sav.) H.Ohashi
Chengiopanax sciadophylloides (Franch. et Sav.) C.B.Shang et J.Y.Huang
Acanthopanax sciadophylloides Franch. et Savat.
ウコギ科 Araliaceae ウコギ属
三河の植物観察
コシアブラの紅葉
コシアブラの紅葉2
コシアブラの若葉
コシアブラの幹
コシアブラ
コシアブラ葉
 葉はよい香りがして、柔らかい若芽が山菜とされる。三河地方ではトウダイ(灯台)の芽とよばれている。最近はタラの芽と並ぶ存在となっている。秋には黄色に紅葉するが、この頃でも葉はよい香りがする。和名は樹脂を漉(こ)して油塗料の金漆(ごんぜつ)としたことに由来する。
 幹は灰白色、惰円形の皮目がある。葉は互生し、長い葉柄があり、長さ20~40㎝の掌状複葉。小葉は5個つき、不揃いで中央が大きく、倒卵状長楕円形。先は尖り、基部は楔形、縁に不揃いの鋸歯がある。葉表は光沢があり、葉裏は白色を帯び、脈腋に毛がある。花は小さな黄緑色の5弁花、長柄のある散形花序に多数つく。果実は直径約5㎜の扁球形、紫黒色に熟す。
[花期] 8~9月(果期 10~11月)
[樹高] 5~20m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 豊田市自然観察の森  05.11.26
TOP Back