コロマンソウ  
[別名] ツノグサ、セキドウサクラソウ
[中国名] 宽叶十万错 kuan ye shi wan c
[英名] Chinese violet , creeping foxglove , asystasia , Ganges primrose
[学名] Asystasia gangetica (L.) T.Anderson
キツネノマゴ科 Acanthaceae  アシスタシア属
三河の植物観察
コロマンソウ花序
コロマンソウ花序2
コロマンソウ花
コロマンソウ花横
コロマンソウ咢
コロマンソウ葉2
コロマンソウ
コロマンソウ花
コロマンソウ葉
 コロマンソウはキツネノマゴ科アシスタシア属の観賞用の栽培種。ツノグサが標準和名だが、あまり一般的でなく、コロマンソウとした。
 多年草、高さ50㎝以下。茎は斜上し、4角(かど)があり、軟毛がある。葉柄は長さ3~5㎜、有毛。葉身は卵形~楕円形、長さ3~12㎝×幅1~5㎝、無毛又はまばらに軟毛があり、特に、脈に多く、上面は多数の鐘乳体 (cystoliths)をもち、基部は切形~円形、縁は全縁又はわずかに小円鋸歯があり、先は尖鋭形。総状花序は腋生又は頂生、長さ16㎝以下。苞は三角形、長さ約5㎜、軟毛がある。小苞は線状披針形、長さ1~2.5㎜、軟毛がある。花柄は長さ2~3㎜、軟毛がある。咢は長さ約7㎜、咢片は線状披針形、長さ5~7㎜×幅1~1.2㎜、外側に腺のある軟毛があり、縁毛がある。花冠は黄色又は白色、長さ1.2~3.5㎜、外側に先端が腺の軟毛があり、内側は無毛。花冠筒部は基部が円筒形、幅約3㎜、長さ約8㎜に渡って次第に幅広くなり、約1㎝の幅になる。花冠裂片は倒卵形~半円形、長さ0.7~1.2㎝×幅0.8~1㎝。下唇の中裂片はバイオレット又は栗色の斑紋がある。雄しべは突き出ない。花糸は無毛。長い対の雄しべは長さ約5㎜。短い対は長さ約3㎜。葯は半葯が約長さ3㎜×幅1㎜。子房は楕円形、長さ約3.5㎜。花柱は長さ約1.8㎝、ビロード状毛がある。柱頭はわずかに頭状、2裂。蒴果は約長さ1.3㎝×幅2㎝、有毛。種子は不規則な倒卵形、長さ3~5㎜×幅0.5~3㎜、いぼ状~しわ状。花期は9~12月。果期は12~3月。2n = 26, 52。栽培種は花が白色~クリーム色~ラベンダー色~紫色もある。
品種) 'St. John' , 'You're So Vein'
[花期] 9~12月
[高さ] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種 アフリカ、南西アジア、インド洋諸島、マダガスカル、インド、スリランア、東南アジア、マレーシア太平洋諸島
[撮影] 西尾市  19.10.5

 アシスタシア属

  family Acanthaceae - genus Asystasia
 
  多年草又は亜低木、鐘乳体 (cystoliths)をもつ。葉は葉柄がある。葉身は縁が全縁~円鋸歯。花序は頂生又は腋生、片側性の穂状花序又は総状花序、又はこれらの円錐花序。苞は小さく、咢より短い。小苞は苞に似るか又はときに、欠く。咢は5裂し、裂片は等長又はほぼ等長。花冠は漏斗形、筒部は上部で広がり、のど部になる。拡大部は±2唇形。しばしば類放射相称になり、5個の±等長の列片をもつ。裂片は斜上し、蕾中では渦巻状。雄しべは4本、花冠筒部から突き出さず又は部分的に突き出る。葯は2半葯。半葯は平行~矢じり形~ほぼ垂直、等長又は不等長につき、基部は無突起又は基部に小さな付属体をもつ。仮雄しべは無い。.子房は室に2胚珠がある。柱頭は頭状、2裂又は2歯。蒴果は基部に固い柄をもち、こん棒形、4種子以下、支帯がある。種子はレンズ形、突起毛は無い。
 世界に約40種があり、熱帯、亜熱帯の旧世界(東半球)に分布する。


 アシスタシア属の主な種と園芸品種

 1  Asystasia chelonoides Nees  ムラサキコロマンソウ
   synonym Asystasia coromandeliana var. variabilis Nees
インド、ミャンマー、スリランカ原産。中国名は十万错 shi wan cuo。英名はMalay alam。クリスマス島には帰化。
 多年草、高さ1m以下。まばらに微軟毛がある。葉は長さ6~12㎝ x 幅約4.5㎝、 披針形~楕円状披針形、先は短い尖鋭形、基部は楔形、膜質。葉柄は長さ4㎝以下。総状花序は頂生、円錐花序状になり、片側性、長さ5㎝以下。花柄は長さ1㎝以下。苞は長さ2㎜、小苞は2個。咢片は長さ5㎜、披針形、有毛。花冠は白色~薄紫色、筒部が長さ2.5㎝、裂片は長さ1㎝。花糸は長さ9㎜、先に毛がある。子房は長さ3㎜毛がる。花柱は長さ2㎝、蒴果は長さ3㎜、楕円形、狭くなった固い基部がある。花期と果期は1~3月。

 2  Asystasia gangetica (L.) T.Anderson  コロマンソウ
   synonym Asystasia coromandeliana Nees
 アフリカ、南西アジア、インド洋諸島、マダガスカル、インド、スリランア、東南アジア、マレーシア太平洋諸島に分布。中国、台湾、オーストラリアに帰化。中国名は宽叶十万错 kuan ye shi wan cuo 。英名はChinese violet , creeping foxglove , asystasia , Ganges primrose。ツノグサが標準和名だがあまり一般的でない。
 多年草、高さ50㎝以下。茎は斜上し、4角(かど)があり、軟毛がある。葉柄は長さ3~5㎜、有毛。葉身は卵形~楕円形、長さ3~12㎝×幅1~5㎝、無毛又はまばらに軟毛があり、特に、脈に多く、上面は多数の鐘乳体 (cystoliths)をもち、基部は切形~円形、縁は全縁又はわずかに小円鋸歯があり、先は尖鋭形。総状花序は腋生又は頂生、長さ16㎝以下。苞は三角形、長さ約5㎜、軟毛がある。小苞は線状披針形、長さ1~2.5㎜、軟毛がある。花柄は長さ2~3㎜、軟毛がある。咢は長さ約7㎜、咢片は線状披針形、長さ5~7㎜×幅1~1.2㎜、外側に腺のある軟毛があり、縁毛がある。花冠は黄色又は白色、長さ1.2~3.5㎜、外側に先端が腺の軟毛があり、内側は無毛。花冠筒部は基部が円筒形、幅約3㎜、長さ約8㎜に渡って次第に幅広くなり、約1㎝の幅になる。花冠裂片は倒卵形~半円形、長さ0.7~1.2㎝×幅0.8~1㎝。下唇の中裂片はバイオレット又は栗色の斑紋がある。雄しべは突き出ない。花糸は無毛。長い対の雄しべは長さ約5㎜。短い対は長さ約3㎜。葯は半葯が約長さ3㎜×幅1㎜。子房は楕円形、長さ約3.5㎜。花柱は長さ約1.8㎝、ビロード状毛がある。柱頭はわずかに頭状、2裂。蒴果は約長さ1.3㎝×幅2㎝、有毛。種子は不規則な倒卵形、長さ3~5㎜×幅0.5~3㎜、いぼ状~しわ状。花期は9~12月。果期は12~3月。2n = 26, 52。栽培種は花が白色~クリーム色~ラベンダー色~紫色もある。
品種) 'St. John' , 'You're So Vein'

2-1 Asystasia gangetica subsp. gangetica
   synonym Justicia gangetica L.
   synonym Asystasia coromandeliana Nees. セキドウサクラソウ
 インド、スリランア、東南アジア、マレーシア太平洋諸島に分布する。原産地は東アジアであるが確認されていない。中国に帰化している。
 花冠は長さ3~3.5㎝×口部で幅約1㎝、裂片は直立。

2-2 Asystasia gangetica (L.) T.Anderson subsp. micrantha (Nees) Ensermu   ヒメコロマンソウ
   synonym Asystasia intrusa (Forssk.) Nees[The Plant Lit] アシスタシア・イントルサ
   basionym Asystasia coromandeliana var. micrantha Nees
 アフリカ、南西アジア、インド洋諸島、マダガスカルに分布。中国、台湾に帰化している。林縁や道端に生える。中国名は小花十万错 xiao hua shi wan cuo。 英名はcommon asystasia。
 花冠は長さ1.2~1.5㎝×口部で幅約0.5㎝、下唇の中裂片がわずかに後屈する。

 3  Asystasia neesiana (Wall.) Nees
   synonym Asystasiella chinensis (S. Moore) E. Hossain
   synonym Ruellia neesiana Wallich
   synonym Asystasia chinensis S. Moore
 中国、台湾、インド、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア原産。中国名は白接骨 bai jie gu
 多年草、高さ1m以下。茎は4稜形、溝があり、2列に(2-fariously)微軟毛があるか又はほぼ無毛。葉柄は長さ0.5~5㎝、無毛又はまばらに毛がある。葉身は披針形~卵形~楕円形~長円形又は最上部はときに、卵状心形、長さ 4~25㎝×幅2~11㎝、両面とも無毛又はわずかに毛があり、2次脈は6~8本、基部は漸尖し、葉柄に沿下し(又は最上部の葉は心形)、縁は全縁~曲がりくねった円鋸歯~類歯状、先は尖鋭形。花序は頂生、穂状花序又は総状花序、不分枝又は、1個以上、基部に枝をもち、円錐花序を作り、花序の長さは6~15㎝。花序軸には普通、腺毛がある。苞及び小苞は三角形、長さ1~2㎜×幅約1㎜、微細な毛がある。花柄は長さ (0~)1~3㎜。咢は長さ4~6.5㎜。咢片は線状披針形、普通、腺毛がある。 花冠はピンク色~紫青色、長さ 4~6㎝、外側に腺毛がある。花冠筒部は基部に円筒形の部分をもち、狭くて長く、長さ3~4㎝、のど部と拡大部を合わせた長さの少なくとも2倍の長さがある。 下唇の裂片は卵形、約長さ6㎜×幅8㎜。上唇の裂片は類円形、約長さ7㎜×幅7㎜。雄しべは長い対が長さ約5㎜、短い対が長さ約2㎜。 葯の半葯はほぼ等しくつく。花柱は長さ3.6~5.2㎝、無毛。蒴果は長さ1.8~2.8㎝、腺毛があり、4種子を入れ、基部の柄は長さ1~1.5㎝。 種子は卵形、約長さ4㎜×幅3㎜、扁平。花期は7~9月。果期は10~1月。


 参考

1) GRIN
 Asystasia
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=1115
2) Flora of China
 Asystasia
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=103025
3) A Revised Handbook to the Flora of Ceylon -, 第 12 巻
 Asystasia chelonoides 
 https://books.google.co.jp/books?id=Lv9B9ZLeu30C&pg=PA78&lpg
  =PA78&dq=Asystasia+chelonoides%E3%80%80&source=bl&ots
  =CFOOW2XLNl&sig=ACfU3U0ECycJ0wvz2S1IhbbPu644RhpSyQ&hl=ja&sa=X&ved
  =2ahUKEwi-mfH7k4flAhVZPnAKHbo7AlM4FBDoATADegQICBAB#v
  =onepage&q=Asystasia%20chelonoides%E3%80%80&f=false
4)Asystasia chelonoides Nees | Species | India Biodiversity Portal
 Asystasia chelonoides
 https://indiabiodiversity.org/species/show/250307

TOP Back