コメツブツメクサ 米粒詰草
[別名] コゴメツメクサ、キバナツメクサ
[中国名] 钝叶车轴草 dun ye che zhou cao
[英名] suckling clover, lesser trefoil
[学名] Trifolium dubium Sibth
マメ科 Fabaceae  シャジクソウ属
三河の植物観察
コメツブツメクサ花
コメツブツメクサ葉裏
コメツブツメクサ豆果
コメツブツメクサ花冠と萼に包まれた豆果
コメツブツメクサ托葉
コメツブツメクサ茎
コメツブツメクサ
コメツブツメクサ萼
コメツブツメクサ葉
コメツブツメクサ豆果
 茎は横に広がり、上向きの伏毛がある。葉は3小葉、葉柄は短く、長さ2~5㎜。小葉は長さ0.5~1㎝の楕円形~倒卵形。葉脈ははっきり見え、側脈は平行。花序は長さ1~2㎝の花序枝の先につき、直径約7㎜の小さな黄色の蝶形花が5~15個つく。旗弁は広被針形。萼は5裂し、上側(背側)の裂片2個は短く、下側(腹側)の裂片が萼筒より長い。豆果は宿存する花冠と萼に包まれ、淡褐色になり、その時期になるとしばしば葉が赤くなる。豆果には1種子が入る。2n=16,28,32
 クスダマツメクサ Trifolium campestre はよく似ている。花序がやや大きく、花が20~40個つき、花が全て開花すると花序が大きくなる。萼が花冠の色に近く、裂片の上下の長さの差が少ない。 
[花期] 5~7月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 荒地、道端
[分布] 帰化種 ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ原産
[撮影] 蒲郡市形原町   02.4.13
TOP Back