コメススキ  米薄
[別名] エゾヌカススキ
[中国名] 曲芒发草 qu mang fa cao
[英名] crinkled hairgrass, wavy hairgrass.
[学名] Deschampsia flexuosa (L.) Trin.
Avenella flexuosa L.
イネ科 Poaceae  コメススキ属
三河の植物観察
コメススキ小穂
コメススキ小穂
コメススキ小穂
コメススキの葉
コメススキ
コメススキ花序
 根茎は短く、叢生する。葉は長さ5~15(25)㎝、幅0.5~1㎜、ほぼ根生し、縁が内側に巻き、細く直径0.3~0.5㎜、無毛。葉舌は長さ2~4㎜、薄膜質。長い花茎の先に長さ5~10㎝の円錐花序を出し、分枝した細い枝先に小穂をまばらにつける。小穂は長さ4~6(8)㎜の広惰円形、紫褐色を帯び、小花は2個。小花に基毛がある。苞頴は薄い膜質、紫褐色を帯び、1脈がある。第1苞頴は長さ2.7~4.5㎜。第2苞頴は長さ3.5~5㎜。護頴は長さ3.3~5(6)㎜、長さ3.7~7(8)㎜の芒があり、軽く折れた芒が長く突き出す。葯は黄色、長さ1.5~2.5㎜。
 ヒロハノコメススキは葉が幅1~2㎜。葉舌は長さ4~6㎜、厚く、鋭形。小穂に2~3個の小花がつき、苞頴が緑色、第2苞頴に3脈がある。芒は短く少し突き出る程度で、曲がらない。
[花期] 7~8月
[草丈] 15~60(80)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山帯以上の日当たりのよい場所
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、アジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパ
[撮影] 乗鞍岳畳平 06.8.20
TOP Back