コクサギ  小臭木
[中国名] 臭常山 chou chang shan
[学名] Orixa japonica Thunb.
ミカン科 Rutaceae  コクサギ属
三河の植物観察
コクサギの花
コクサギの冬芽
コクサギの果実
コクサギ12月の葉
コクサギ
コクサギ葉
コクサギ種子
 葉は枝の左右に2個ずつつく特殊な互生で 、コクサギ型葉序と呼ばれる。葉はもむと強い臭気がし、指に臭いが残り、和名はこれに由来する。葉の長さは5~12㎝の倒卵状長楕円形。葉には油点がある。雌雄異株。雄花は総状につき、直径約8㎜。花弁は4個、淡緑色。雄しべも4個。雌花は長さ1~2㎝の花柄の先に1個ずつつく。果実は蒴果、分果は3~4個。種子は長さ約4㎜のやや楕円状の球形、光沢のある黒褐色に熟す。2n=34,40
[花期] 4~5月
[樹高] 1~5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地の湿った林内、林縁
[分布] 在来種 北海道(西南部)、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 幸田町 11.12.22
花 豊田市(足助町)  06.4.16
TOP Back