コジキイチゴ  乞食苺
[中国名]

红腺悬钩子 hong xiao xuan gou zi

[学名] Rubus sumatranus Miq.
バラ科 Rosaceae  キイチゴ属
三河の植物観察
コジキイチゴ花
コジキイチゴ萼片
コジキイチゴ花横
コジキイチゴ花後の萼片
コジキイチゴ果実
コジキイチゴ茎 border=
コジキイチゴ
コジキイチゴ果実
コジキイチゴ葉表
コジキイチゴ葉裏
コジキイチゴ葉裏の刺
 茎は鉤状の紅紫色を帯びた刺があり、紅紫色の長い腺毛が密生する。葉は互生し、長さ10~20㎝の奇数羽状複葉、小葉は2~4対つく。小葉には不揃いの重鋸歯があり、頂小葉は長さ4~8㎝の長卵形~披針形。葉質は薄く、葉の裏軸には赤色の腺毛と刺が生える。葉柄は長さ3~5㎝。花は直径約2㎝の白色5弁花。花弁は長さ約10㎜、萼片より短く、白毛がある。萼片は5個、長さ7~12㎜、花後に反曲する。萼や花柄にも長い腺毛が密生する。果実は長さ12~18㎜、幅7~11㎜の楕円形、橙色に熟す。2n=14
[花期] 5~6月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地の日当たりの良い場所
[分布] 在来種、本州(東海地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、スリランカ、、ブータン、ネパール、カンボジア、ラオス、ミャンマー、インドネシア、タイ、ベトナム
[撮影] 設楽町   13.6.6(花)  02.7.14(果実)
TOP Back