キツネノカミソリ  狐の剃刀
[英名] spider-lily, Japan’s orange surprise
[学名] Lycoris sanguinea Maxim.
Lycoris sanguinea Maxim. var. sanguinea
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  ヒガンバナ属
三河の植物観察
キツネノカミソリ蕾
キツネノカミソリ花
キツネノカミソリ花2
キツネノカミソリ雄しべと雌しべ
キツネノカミソリ
 和名の由来は葉の形が剃刀に似ていることから。地下にヒガンバナとよく似た直径3~4㎝の鱗茎(球根)がある。葉は長さ30~40㎝、幅約1㎝、スイセンによく似ている。春出た葉は夏には枯れ、その後に花茎が出て花が咲く。茎頂に花を3~5個つける。花被片は6個、長さ3~4(3倍体 5~8)㎝、橙色~黄赤色、反り返らない。雄しべ6個、花被とほぼ同長。雌しべ1個。蒴果は直径約1.5㎝の扁球形。種子は黒色、扁平、直径5~7㎜の円形。2n=22,32
 ムジナノカミソリ var. koreana は九州と対馬の湿った場所に自生する。雄しべは花被片より短い。
 オオキツネノカミソリ var. kiushiana は林下の日陰に生え、花被片がそり返り、雄しべ、雌しべが花から突き出ている。
[花期] 8~9月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種(日本固有種)  本州、四国、九州
[撮影] 新城市  05.8.
TOP Back