キスミレ  黄菫
[別名] イチゲキスミレ 一花黄菫
[中国名]

东方堇菜 dong fang jin cai

[学名] Viola orientalis (Maxim.) W.Becker
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
キスミレの花
キスミレの花
キスミレの葉
キスミレ
 日本のキスミレ類の中、太平洋岸の暖地で唯一見られるスミレ。愛知県の絶滅危惧ⅠA類に指定され、愛知県内では三河地域の限られた場所でしか見られない。茎は紅紫色を帯び、直立する。葉は茎の途中について対生し、長さ2.5~4㎝の心形。葉の裏はやや紫色を帯びる。花は直径約2㎝で、茎頂に普通1個だけつく。花弁の表は鮮やかな黄色で、裏はやや紅紫色。下弁に茶色の筋があり、上弁の根元が茶色を帯びる。距はごく小形。2n=12
[花期] 3~5月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、ササ地
[分布] 在来種  本州(静岡県以西)、四国(愛媛県)、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊橋市  04.3.28
TOP Back