キセルアザミ  煙管薊
[別名] マアザミ
[学名] Cirsium sieboldii Miq.
キク科 Asteraceae  アザミ属
三河の植物観察
キセルアザミの頭花
キセルアザミの頭花
キセルアザミの総苞
キセルアザミの直立
キセルアザミ痩果
キセルアザミ痩果
キセルアザミ茎
キセルアザミ
キセルアザミ頭花
キセルアザミ痩果
キセルアザミ冠毛
キセルアザミ葉
 和名は茎葉が少なく、花が煙管(キセル)のように見えることに由来する。三河の湿地ではよく見かける。
 茎葉は小さく、少数つき、羽状に分裂する。根生葉は花期にも残り、長さ15~50㎝。頭花は初めは下向きに咲き、しだいに直立し、果実を風に乗せて飛ばす頃には完全に上向きになる。総苞片は重なり合って付き、開出するが、反り返らない。
 作手高原には湿原が多く、全体に毛が多いものをツクデマアザミと呼んでいる。茎がほとんど無毛のものと毛の多いものがあり、作手高原で両方とも見られる。
[花期] 9~10月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 清岳向山湿原  01.9.22
TOP Back