キリ  桐
[中国名] 毛泡桐 mao pao tong
[英名] empresstree, princesstree, foxglovetree
[学名] Paulownia tomentosa (Thunb.) Sieb. et Zucc. ex Steud.
キリ科 Paulowniaceae  キリ属
三河の植物観察
キリの花序
キリの果実
キリの果実
キリの幹
キリの老木の幹
キリ
キリ枝先
キリ葉
 古くから庭木として栽培され、軽い木材としてタンスなどに利用されてきた。キリ科はAPGⅢでゴマノハグサ科から分離された。
 幹は灰褐色、惰円形の皮目があり、老木の樹皮は縦に浅く裂ける。葉は対生し、長さ15~30㎝、幅10~25㎝、ごく浅く3~5裂して、先は尖り、基部は心形。葉の両面に腺毛が密生する。葉柄は長さ6~20㎝。若木の葉は特に大きくなる。花は葉より早く又は同時に開花する。円錐花序に大きな筒状花を多数つける。花冠は淡紫色、長さ5~6㎝、先は5裂し、短毛が密生。萼は茶褐色の毛が密生し、先が5裂する。蒴果は長さ3~4㎝の先が尖った卵形、熟すと2裂する。種子は長さ3~4㎜、扁平で周囲に翼がある。2n=40
[花期] 5~6月
[樹高] 30~50m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種  中国中部原産
[撮影] 鳳来町   05.5.15
TOP Back