キンコウカ  金黄花・金光花
[学名] Narthecium asiaticum Maxim.
キンコウカ科 Nartheciaceae  キンコウカ属
三河の植物観察
キンコウカの花序
キンコウカの花
キンコウカ
 キンコウカ科はユリ科から分割された。
 和名の由来は花が金色に輝いて美しいことから。湿ったところに群生する。葉は根生し、長さ10~20㎝、中脈で折りたたまれる。花は茎頂の総状花序に多数つき、直径約15㎜、形が金色の王冠を思わせる。花被片は6個、長さ約6㎜。花糸には黄色の毛が密生する。葯は橙色。
[花期] 7~8月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿原、湿った場所
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州(中部地方以北)
[撮影] 八方尾根  07.8.28
TOP Back