キジョラン  鬼女蘭
[中国名]

假防己 jia fang ji

[学名] Marsdenia tomentosa Morr. et Decne.
キョウチクトウ科 Apocynaceae  キジョラン属
三河の植物観察
アサギマダラ
アサギマダラ2齢
アサギマダラ2齢
キジョラン
 旧ガガイモ科はキョウチクトウ科に含められた。アサギマダラの食草としてよく知られている。
 葉は対生し、長さ約10㎝の卵円形~円形で、先がとがる。葉の質は厚く、表面には光沢がある。葉の付け根に、直径約4㎜の白花の花序をつける。花冠は鐘形で、5裂し、裂片は長さ約3㎜。袋果は長さ7~15㎝の紡錘形。冬に果実が割れ、白い種髪がついた種子を飛ばす。種子は長さ約1㎝の卵形、種髪は長さ約1㎝。和名はこの白い毛が鬼女の白髪を連想させることに由来する。
[花期] 8~9月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内
[分布] 在来種   本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、台湾
[撮影] 豊田市  05.5.1
TOP Back