キブシ  木五倍子
[学名] Stachyurus praecox Sieb. et Zucc.
キブシ科 Stachyuraceae  キブシ属
三河の植物観察
キブシの花序
キブシの花
キブシの花3
キブシ両性花の内部
キブシの雌花の雌しべと雄しべ
キブシの幹
キブシ
キブシ枝先
キブシ葉と果実
キブシ萼片と苞
 樹皮は赤褐色~灰褐色、ときに暗褐色、皮目がある。枝は赤褐色、皮目が目立ち、無毛、2稜がある。冬芽の頂芽は大きい。側芽は広卵形、長さ1.5~3㎜、先鋭形。芽鱗は2~4個、無毛、赤褐色~暗褐色。葉痕は半円形、維管束痕は3個。葉は互生し、葉柄は長さ1~3㎝。葉身は長さ6~12㎝、幅3~6㎝の長楕円形でサクラの葉に似ている。雌雄異株。雄株、雌株、両性株があり、それぞれ、雄花、雌花、両性花がつく。花は葉の展開前に、開花し、雄株の方が開花が早い。花序は長さ3~20㎝の総状花序(花柄が短いため穂状ともいわれる)、垂れ下がってつき、雄花序は長く、雌花序や両性花序は短い。花は長さ7~9㎜の鐘形、黄色4弁花。花柄は短く、長さ約0.5㎜。萼片は4個で、内側の2個は大きく花弁状であるため、一見すると花弁6個に見える。その外側に萼片を小さくしたような2個の苞がある。花弁は4個。雄しべ8個と雌しべ1個は花の奥にあり覗き込まないと見えない。雄花は雄しべが長く、子房が小さい。雌花は雄しべが短く、子房が大きい。両性花は両者の中間。液果は直径7~12㎜の楕円状球形、堅く、黄褐色に熟す。種子は長さ約2㎜。
[花期] 3~4月
[樹高] 2~4m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 山地の林縁、道端
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道(西南部)、本州、四国、九州
[撮影] 新城市  16.3.16
TOP Back