キバナノレンリソウ  黄花の連理草
[中国名]

牧地山黧豆 mu di shan li dou

[英名] windowbox wood-sorrel,violet wood sorrel
[学名] Lathyrus pratensis L.
マメ科 Fabaceae  レンリソウ属
三河の植物観察
キバナノレンリソウの花序
キバナノレンリソウの花
キバナノレンリソウの葉
キバナノレンリソウ
 伊吹山だけに見られる。小田信長が開いた薬草園へ移入した薬草に混じって入り、帰化したものと考えられている。
 葉は互生し、小葉は2個対になり、長さ1.5~3.5㎝の卵状披針形で、若葉の縁が内側に曲がることが多い。葉脈は平行脈。花は長さ約1.5㎝。巻きひげは分岐する。
 花が紫色のレンリソウは巻きひげが分岐しない。
[花期] 5~9月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草(2年草)
[生育場所] 草地
[分布] 帰化種 ユーラシア原産
[撮影] 伊吹山 02.8.2
TOP Back