キバナノコギリソウ  黄花鋸草
[別名] ヤローイエロー
[英名] fernleaf yarrow ,golden yarrow ,gold plate yarrow
[学名] Achillea filipendulina Lam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ノコギリソウ属
キバナノコギリソウ
キバナノコギリソウ花序
キバナノコギリソウ花
キバナノコギリソウ花横
キバナノコギリソウ頭花
キバナノコギリソウ
キバナノコギリソウ葉表
キバナノコギリソウ舌状花と筒状花
 明治になって鑑賞用として導入されたもの。花壇周りに野生化したものがみられる。
 茎は直立し、よく分枝する。茎や葉など全体に白毛があり、白っぽい。葉は両面とも白緑色、羽状に深裂し、羽片はさらに中~深裂する。直径10~15㎝の散房花序に、黄色の頭花が密につく。頭花は直径約3㎜、黄色、冠毛はなく、舌状花0~2個と多数(15~20個程度)の筒状花からなる。舌状花は雌性、舌部は幅が広くて短い。筒状花は周囲の花から開き、花冠の先が5裂する。総苞は長さ3~4㎜。
[花期] 6~8月
[草丈] 70~130㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 人家周辺
[分布] 帰化種  西アジア、ヨーロッパ(コーカサス地方、アフガニスタン、イラン)原産
[撮影] 西尾市(幡豆町)  12.6.13
TOP Back