キバナヒナギク  黄花雛菊  
[別名] コレオステフス・ムルティカウリス、クリサンセマム・ムルチコーレ
[中国名] 黄晶菊 huang jing ju
[英名] yellow buttons dasy , yellow daisy
[学名] Coleostephus multicaulis (Desf.) Durieu
Chrysanthemum multicaule Desf.
キク科 Asteraceae  コレオステフス属
三河の植物観察
キバナヒナギク頭花
キバナヒナギク総苞
キバナヒナギク蕾2
キバナヒナギク蕾
キバナヒナギク
キバナヒナギク葉
 和名は英名のyellow daisyから。普通、クリサンセマム・ムルチコーレと呼ばれる。
 1年草、茎は半匍匐性、高さ10~20㎝。茎や葉はピンクを帯びる。葉はロゼット状、互生し、やや肉質、小さいものは無柄、葉身は長さ約3㎝、幅.約0.5㎝のへら形、淡緑色、少数の粗い歯がある。頭状花序は直径5㎝以下。内総苞片は先が膜質。舌状小花、中心小花とも黄色。小舌は丸みを帯びる。痩果は長さ約2㎜。花期は(11)2~5月、高温多湿に弱い。果期は5月。2n= 18。
[花期] 2~5月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種 アルジェリア原産
[撮影] 浜松市  18.4.11

 コレオステフス属

  Family Asteraceae - genus Coleostephus
 周辺小花は長楕円形~長楕円状披針形。冠毛は耳形(auriculiform)、周辺小花の筒部と同長又は短い。中心小花は放射相称、両性花、5 (~6)歯。冠毛は耳形(auriculiform)又は王冠形(coroniform)。基準種はC. myconis 。
 世界に2種(又は3種)ある。


 コレオステフス属の主な種と園芸品種

 1  Coleostephus multicaulis (Desf.) Durieu  キバナヒナギク(コレオステフス・ムルティカウリス)
   synonym Chrysanthemum multicaule Desf.
 アルジェリア原産。英名はyellow buttons dasy , yellow daisy。
 1年草、茎は半匍匐性、高さ10~20㎝。茎や葉はピンクを帯びる。葉はロゼット状、互生し、やや肉質、小さいものは無柄、葉身は長さ約3㎝、幅.約0.5㎝のへら形、淡緑色、少数の粗い歯がある。頭状花序は直径5㎝以下。内総苞片は先が膜質。舌状小花、中心小花とも黄色。小舌は丸みを帯びる。痩果は長さ約2㎜。花期は(11)2~5月、高温多湿に弱い。果期は5月。2n= 18。
品種)  'Goblin' , 'Yellow' , アップライト イエロー
 2  Coleostephus myconis (L.) Cass.
 スペイン、ポルトガル、フランス、イタリア、ユーゴスラビア、ギリシャ、アルジェリア、モロッコ原産。
 英名は corn marigold。
 1年草、高さ20~50㎝、無毛~有毛、茎は直立、普通、分枝する。下部の葉はへら形、中間の葉は披針形、鋸歯状、多少、茎を抱く。花序は橙黄色、幅約2~3㎝、単生、頂生する。舌状小花、中心小花とも黄色。舌状小花の先が分裂。痩果は長さ1.2~1.8㎜、基部に厚いカルスがある。冠毛は痩果とほぼ同長。花期は4~7月。
品種)  'Moonlight'

 類似属

【マウランセマム属 Mauranthemum】
 subfamily Asteroideae - tribe Anthemideae - subtribe Leucantheminae

 1年草 [多年草]高さ2~25[40] ㎝。茎は直立、普通、基部近くで分枝し、無毛。葉は互生、有柄又は無柄、ときに茎を抱き、線形~披針形~長楕円形~倒卵形、普通、不規則に、羽状分裂又は歯があり、下面には腺点があり、 上面は無毛になる。花序は頭状花序、放射状、1個又は開き、頂部が平らに束生する。総苞は鐘形、半球形、直径8~12(15+)㎜。総苞片は25~40+個、3~4列に配列し、分離、卵形又は長楕円形~ +-披針形、宿存性、縁や先端は褐色~黒色の薄膜質。花托は +-円錐形、パレアは無い。周辺花は10~21+個、花冠はほとんど白色、、普通、基部が黄色、乾くと、+-ピンク色、小舌は長楕円形~卵形。中心花は60~100+個、花冠は+-黄色、筒部は+-円筒形、のど部は+-鐘形、裂片は (2)5個、デルタ形、樹脂嚢は無い。葯の先は+-卵形。花柱の先は切形、パピラがある。果実は +- 円柱形~倒卵形~紡錘形(外側はときに3稜があり)、7~10本のうねがあり、無毛。冠毛は無い。周辺小花の果実は普通、先(冠毛とする場合もある)が王冠形(coroniform)。
 世界に4種あり、ヨーロッパ、北アフリカに分布する。

 3  Mauranthemum paludosum (Poir.) R.Vogt & Oberpr.  カンシロギク(ノースポールギク) 
   synonym Coleostephus paludosus (Durieu) Alavi
   synonym Chrysanthemum clausonis (Pomel) Batt.
   synonym Leucanthemum clausonis (Pomel) P.Giraud
   synonym Leucoglossum paludosum (Poir.) B. H. Wilcox et al.
   synonym Hymenostemma paludosum (Poir.) Pomel
 ヨーロッパ(スペイン、ポルトガル)、アフリカ(アルジェリア、リビア、モロッコ、チュニジア)原産
 オーストラリア、オーストリアなどに帰化。英名はmini marguerite , paludosum daisy
 1年草(多年草)、高さ15~30㎝、よく分枝する。葉身は長さ15~35(55) ㎜、幅 3~12(20)㎜。花はマーガレットに似るが小さく、直径約3㎝。周辺花は長さ6~12+㎜。 果実は長さ2~3㎜。2n=18。花期は3~1月、高温多湿に弱いため日本では夏に枯れ、12~5月。2n= 18
 品種) )'North Pole'


 参考

1) Taxonomy - GRIN-Global Web v 1.9.9.2
 Coleostephus Cass.
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=119565
2) Yellow daisy
 Coleostephus multicaulis
 http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~tsuyu/top/plt/aster/chrysanthemum/mul.html
3) Jepson eFlora
 Mauranthemum
 http://ucjeps.berkeley.edu/eflora/eflora_display.php?tid=89044
4) Genus Coleostephus Cassini in Europe" (Asteraceae) - Zobodat
 Genus Coleostephus
 https://www.zobodat.at/stable/pdf/PHY_17_3_4_0319-0328.pdf

TOP Back