ケヤマハンノキ  毛山榛の木
[中国名] 辽东桤木 liao dong qi mu
[英名] Manchurian alder, Siberian alder
[学名] Alnus hirsuta Turcz.
カバノキ科  Betulaceae  ハンノキ属
三河の植物観察
ケヤマハンノキの雄花序
ケヤマハンノキの雌花序
ケヤマハンノキの葉裏の毛
ケヤマハンノキの幹
ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ葉
ケヤマハンノキ葉の鋸歯
 幹は紫褐色、灰色の横長の皮目がある。葉は互生し、広卵形で、欠刻状の重鋸歯があり、基部は広い楔形~ごく浅い心形。葉裏には軟毛が生え、葉脈には特に多い。葉表は短毛がまばらに生える。毛の量は個体差があり、全体に毛がないものは変種のヤマハンノキとして分類されている。雌雄同株。雄花は枝先につき、雌花はそれより下側につく。
[花期] 4月
[樹高] 10~20m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 丘陵地、山地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊田市  07.9.15
TOP Back