ケンポナシ   玄圃梨
[中国名] 北枳椇 bei zhi ju
[英名] Japanese raisintree, Chinese raisintree
[学名] Hovenia dulcis Thunb.
クロウメモドキ科 Rhamnaceae  ケンポナシ属
三河の植物観察
ケンポナシの果実
ケンポナシの葉
ケンポナシの葉先
ケンポナシの幹
ケンポナシ
ケンポナシ葉
 皮や枝を煮出したり、葉を発酵させてケンポナシ茶とする。最近ではペットボトル入りのケンポナシ茶が売られている。アルコール臭や口臭を消す効果がある。
 幹は暗灰色、網目状の縦の割れ目が目立つ。葉は互生し、長さ10~20㎝、幅7~14㎝の広卵形。葉脈3本が葉柄に続き、葉身から出っ張ったようになるのが特徴。葉脈は裏面に隆起する。葉腋から出る集散花序に花を多数つける。花は緑白色、直径約7㎜の5弁花。果実は直径7~9㎜の球形の核果。果実の下の軸が膨らみ果肉となって食べられる。梨のような甘い味がするが、少し渋味がある。核は直径4~5㎜の扁平な円形、光沢のある黒褐色。
[花期] 6~7月(果期9~10月)
[樹高] 15~25m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山野の林内
[分布] 在来種  北海道(奥尻島)、本州、四国、九州、朝鮮、中国、タイ
[撮影] 豊田市(旧小原村)    12.7.27
TOP Back