ケマンソウ 華鬘草
[別名] フジボタン、キンチャクボタン、ケマンボタン、ヨウラクボタン、タイツリソウ
[中国名] 荷包牡丹 he bao mu dan
[英名] Asian bleeding-heart , bleeding-heart
[学名] Lamprocapnos spectabilis (L.) Fukuhara
Dicentra spectabilis (L.) Lem.
ケシ科 Papaveraceae  ケマンソウ属
三河の植物観察
ケマンソウの花
ケマンソウの花2
ケマンソウの葉表
ケマンソウの葉裏
ケマンソウ
ケマンソウ花序
 コマクサ属 Dicentra から ケマンソウ属 Lamprocapnos へ変更された。ケマンソウ科 Fumariaceae とすることもある。中国では古くから薬用に栽培されていた。日本でも古くから栽培されているが、アルカロイドを含み有毒であるため、現在では観賞用に栽培されている。
 茎は直立し、太く、みずみずしく、分枝する。葉柄は長さ5~12㎝。 葉は対生し、葉身は質が柔らかく、長さ10~30㎝、幅10~30㎝、広三角状の2回3出羽状複葉、小葉は楔形、広く、先が尖り、縁は深裂又は粗い歯になる。葉裏は白色を帯び、葉表は緑色。 総状様の花序が頂生又は上部の葉腋につく。花茎は斜上し、アーチ状に湾曲しててほぼ水平になり、7~15個の花つける。苞は長さ 3~5(10)㎜、線形。 小花柄は長さ5~15㎜、細く、対の小さな小苞がある。花は2個の対称な翼があり、ハート形、幅20~25㎜。萼片は早落性、長さ3~4㎜、全縁。花弁は4個。外側の2個の花弁はピンク色ときに白色、基部は幅の広い袋状、先が細くなって反り返る。内側の2個の花弁は白色、紫色と黄色の班紋があり、外側の花弁から突き出て、それぞれ白色の明瞭なとさかがある。雄しべは幅広で波打ち、舌状、3個ずつが葯の下で融合し、花蜜はその中央の雄しべの基部から分泌される。子房は緑色、紡錘形。花柱は永存性、柱頭は長楕円形、基部で2裂する。蒴果は長さ25~35㎜、長楕円形、種子を2~8個入れる。種子は直径(2.5~)3㎜の円形、平滑、大きな種沈がある。9月頃、地上部は枯れ、休眠に入る。2n=16。
[花期] 4~6月
[草丈] 50~90㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草原、斜面、開けた落葉樹林
[分布] 帰化種  朝鮮、中国、ロシア原産
[撮影] 豊橋市(植栽) 15.5.1
TOP Back