ケカモノハシ  毛鴨の嘴
[別名] ヒザオリシバ
[中国名] 毛鸭嘴草 mao ya zui cao
[英名] many-spike flatsedge
[学名] Ischaemum anthephoroides (Steud.) Miq.
イネ科 Poaceae  カモノハシ属
三河の植物観察
ケカモノハシの穂
ケカモノハシの小穂
ケカモノハシ葉鞘
ケカモノハシ
ケカモノハシ葉
ケカモノハシ果実
 花穂が鴨のクチバシに似て、毛が生えているのでこの名で呼ばれる。茎の下部は砂の中を匍匐して広がり、節から根を出す。茎は分岐し、上部は直立する。葉や葉鞘に白い毛が密生する。葉は革質で厚く、幅0.8~1.2㎝、長さ15~30㎝の線形。葉舌は長さ3㎜、淡褐色、切形。花序は長さ4~5㎝の穂状。小穂は長さ約8㎜、2個ずつ対になってつく。第1小穂は有梗(雄性)、第2小穂は無梗(両性)、2小花。第2小穂の護頴には長い芒があり小穂から長く突き出る。雌性期には穂から白い柱頭が突き出て見え、雄性期になると次第に褐色になり、葯が突き出るようになる。2n=68,72
 草地にも生えるタイワンカモノハシはほとんど毛がなく、葉や葉鞘が平滑で無毛、小穂に5~7㎜の長い芒がある。第1苞頴に広い翼があるのも特徴。
 カモノハシは葉鞘の上部の縁だけに長毛があり、葉舌の縁が毛状になる以外はほぼ無毛。稈の節も無毛に近い。芒は小穂から普通、1~4.5㎜ほど突き出るだけである。第1苞頴は上部にだけ狭い翼がある。
[花期] 7~9月
[草丈] 30~80㎝(高さ)
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の砂地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 豊橋市 03.8.20
TOP Back