カワミドリ  河碧、川緑
[中国名] 藿香 huo xiang
[英名] Korean mint, Chinese giant-hyssop
[学名] Agastache rugosa (Fisch. ex Mey.) O. Kuntze
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  カワミドリ属
三河の植物観察
カワミドリの花序
カワミドリ花前から
カワミドリの花横から
カワミドリの蕾の萼
カワミドリ果実
カワミドリの茎と葉柄
カワミドリ
カワミドリ葉
カワミドリ葉裏拡大
カワミドリ分果
 葉に特有の臭いがあって薬効があり、栽培され、健胃薬などとして使用される。
 茎は4稜形、幅7~8㎜、直立し、上部で分枝する。葉は対生し、有柄、長さ4.5~11㎝、幅3~6.5 ㎝の卵状披針形、縁に鈍い鋸歯があり、葉先が尖り、基部は浅い心形~円形。葉表に毛はなく、葉裏に微細な白毛がある。葉柄は長さ1.5~3.5㎝。枝先の長さ2.5~12 ㎝、幅1.8~2.5㎝の円柱形の花穂に唇形花を多数つける。花冠は紅紫色、長さ8~10㎜、上唇は浅く2裂し、下唇は3裂し、中央裂片が大きい。雄しべ4個が花冠から突き出るが、下側2個の雄しべが長い。萼は長さ約 8㎜、幅約2㎜、細毛と腺点があり、萼筒の先が5裂して尖り、花冠と同色のため、花が落ちても咲いているように見える。花が順序よく咲かないため、花がところどころで抜ける花穂が特徴でもある。果実は4分果、分果は褐色、長さ約1.5㎜、幅約1.1㎜の卵状、惰円形、先に毛がある。
[花期] 8~10月
[草丈] 40~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア、ベトナム
[撮影] 石巻山    04.11.3
TOP Back