カテンソウ  花点草
[中国名] 花点草 hua dian cao
[英名] smooth tare, slender vetch
[学名] Nanocnide japonica B.L.
Nanocnide dichotoma S.S. Chien
イラクサ科 Urticaceae カテンソウ属
三河の植物観察
カテンソウの雄花の蕾
カテンソウの雄花
カテンソウの雄花6雄しべ
カテンソウの花被片
カテンソウの花被片2
カテンソウ雌花序
カテンソウ果序
カテンソウの托葉
カテンソウ
カテンソウ雌花
カテンソウ雌花2
カテンソウ葉表
カテンソウ葉裏
カテンソウ基部の葉
カテンソウ痩果
 茎は黄緑色、基部で分枝し、基部近くは断面が円形、紫色を帯び、直立し、基部を除いて断面が四角形、稜に上向きの屈毛がまばらにある。托葉は長さ1~1.5㎜、広卵形、縁が膜質、縁毛が散生する。葉は互生し、葉柄は長さ1~5㎝。葉身は長さ1.5~4㎝、幅1.3~4㎝の三角状卵形~菱形状卵形、基部は広楔形~円形~切形、先は鈍形、縁は深い4~7対の鋸歯がある。基部に近い葉は小さく、類扇状、3~5脈、2又分岐する。葉表は光沢が無く、緑色、やや伏せた刺状の短毛で覆われる。葉裏は光沢があり、淡緑色、ときに紫色を帯び、まばらに毛がある。雌雄同株、異株のこともある。雄花序は上部の葉腋につき、集散花序、花序の柄は長さ3~4㎝程度と葉より長く、数回、分岐し、まばらに毛がある。雌花序は小さく、直径3~6㎜の類球形花序、花序の柄が0.7~2㎜と短く、上部の葉に隠れるように葉腋に固まってつく。雄花は有柄、紫色を帯び、花被片は5個、まれに6個、長さ約1.5㎜、先から下は小剛毛がまばらにある。雄しべ5(6)個。未発達の子房は広卵形、長さ約0.5㎜。雌花は無柄~ごく短柄、緑色を帯び、花被片は4個、不等長、外側の2個が大きく、舟形、長さ1~2㎜、先に1~2個の刺状の毛がある。内側の2個は狭倒卵形、長さ約1㎜、先に1~2個の刺状の毛がある。柱頭は閉じた花被片から突き出て、白色、受粉すると橙褐色になり、子房はすぐに大きくなり始める。痩果は長さ1.4~1.6㎜の広卵形、表面はいぼ状。
 シマカテンソウ(ヤエヤマカテンソウ) Nanocnide lobata日本(奄美~沖縄)、台湾、中国、ベトナムに分布し、中国名は毛花点草(mao hua dian cao)。葉の両面に粗い毛がある。雄花序は集散花序、長さ5~12㎜、葉より長くなることは無い。雄花は淡緑色、花被片は(4又は)5個。2n=24
 トウカテンソウ Nanocnide pilosa はシマカテンソウと同一種(Flora of China)。
[花期] 4~5月
[草丈] 10~45㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の木陰
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 豊橋市  15.4.16
TOP Back