カリン  花梨、榠樝
[別 名] カラナシ、キボケ
[中国名] 木瓜 mu gua
[英 名] Chinese-quince
[学 名] Pseudocydonia sinensis (Thouin) C.K.Schneid.
Chaenomeles sinensis (Thouin) Koehne
バラ科 Rosaceae  カリン属
三河の植物観察
カリンの蕾
カリンの蕾
カリンの開きかけの花
カリンの花
カリンの花横
カリンの幹
カリン
カリン葉表
カリン葉裏
 カリンはいい香りの果実を焼酎に漬けたり、蜂蜜に漬けたりする。果実を採ってから放置し、追熟して香りが強くなってから漬け込むのがこつ。普通は街路樹にはしないが、蒲郡市内に街路樹として植えられている。ボケ属 Chaenomeles とする見解もある。
 小枝は紫赤色、円柱形、刺はなく、初め軟毛があり、すぐに無毛になり、淡色の皮目がある。蕾は紫褐色、無毛、先は鈍い。托葉は卵状長楕円形~偏菱形~披針形、長さ5~12㎜、葉状、ほぼ無毛、縁は、腺状の鋸歯があり、先は尖る。葉柄は長さ5~10㎜、軟毛があり、腺状の鋸歯がある。葉身は長さ5~8㎝、幅3.5~5.5㎝の楕円状卵形~楕円形、まれに倒卵形、基部は広楔形~円形、先は尖る。葉裏は幼時、黄白色の綿毛が密生し、すぐにほぼ無毛になる。葉縁は芒状~鋭鋸歯(歯先は腺状)。花柄は短く、長さ5~10㎜、無毛。花は単生し、直径2.5~3㎝。花托筒は鐘形、裏面は無毛。萼片は反曲し、三角状被針形、長さ6~10㎜、裏面は無毛、表面は褐色の綿毛があり、先が尖る。花弁はピンク色を帯び、倒卵形、基部は短い爪形、先は円形。雄しべは多数、長さは花弁の約1/2。花柱は3~5個、長さは雄しべとほぼ同長、基部で合着する。ナシ状果は芳香があり、黄色~暗黄色、長さ10~15㎝の狭惰円形、木質。果柄は短い。
[花期] 4月
[果期] 9~11月
[樹高] 5~10m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 園芸種、庭、畑
[分布] 帰化種、中国原産
[撮影] 蒲郡市   15.4.16
TOP Back