カラスビシャク  烏柄杓
[別名] ハンゲ  半夏
[中国名] 半夏 ban xia
[英名] crowdipper , Ban Xia
[学名] Pinellia ternata (Thunb.) Makino ex Breitenbach
サトイモ科 Araceae  ハンゲ属
三河の植物観察
カラスビシャクの花
カラスビシャクの花の中
カラスビシャクの小葉基部の珠芽
カラスビシャクの葉鞘
カラスビシャク
カラスビシャク珠芽つき
 花のように見えるものは苞で、仏炎苞と呼ばれ、テンナンショウ属、ハンゲ属の特徴である。和名の由来は仏炎苞がひしゃくに似ていることから。別名のハンゲは漢方薬名でハンゲショウのハンゲと同じ意である。
 球茎(corm)は直径1~2㎝の球形。葉は2~5個、根生し、葉柄は長さ15~20㎝、基部は鞘となる。葉柄の基部、中間、葉身の基部の鞘の中に珠芽(むかご bulbil)をつけ、この珠芽と子球(果実)の両方で増える。葉身は3小葉又は5小葉の鳥足状。小葉は葉裏が帯緑色、葉表が緑色、長楕円形~楕円形~披針形、基部は楔形、先は尖鋭形。前方の小葉は長さ3~10㎝、幅1~3㎝。側小葉は長さ (3)4~7.5㎝、幅1.8~2.3㎝、側脈が7~9(10)本あり、葉縁に沿ってcollective veinを形成する。花序は葉柄より長く、花序柄を含めた長さ25~35㎝。花序柄は長さ15~25㎝。仏炎苞は帯緑色~白緑色、まれに紫色を帯び、わずかに狭窄し、長さ6~7㎝。筒部は狭円筒形、長さ1.5~2㎝。拡大部は緑色、縁が普通、紫色、長楕円形、長さ4~5㎝、幅約1.5㎝、先は鈍形~鋭形。肉穂(にくすい)花序は長さ9~10㎝、雌性部は長さ約2㎝、仏炎苞に沿着する。雌花は密につき、雌しべは長さ2.1~2.2㎜。子房は卵形、長さ約1.8㎜、幅1~1.1㎜。花柱は明瞭、細い。柱頭はごく小さく、直径約0.2㎜、幅が花柱より広くない。雌性部と雄性部の無性部は長さ約3㎜。雄性部は長さ5~7㎜。葯室は長さ約1.2㎜、隙間から開く。花序の付属体は直立し、S字状、緑色~紫色、長さ6~7(8)㎝、仏炎苞の外まで高く突き出す。液果は黄緑色~帯白色、卵形、宿存性の花柱と柱頭が残り、1種子を入れる。2n=28,54,72,104,115,116,128
 球茎や珠芽などでも繁殖し、除去が困難な畑の雑草として嫌われている。アメリカ北東部でも野生化し、害草とされている。
[花期] 5~8月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 畑の雑草
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国
[撮影] 幸田町  07.6.23
TOP Back