カラクサゲシ  唐草芥子 
[別名] ハンネマニア、チューリップポピー、メキシカンチューリップポピー、フンネマンニア
[英名] Mexican tulip poppy , goldencup , tulip-poppy
[学名] Hunnemannia fumariifolia Sweet
ケシ科 Papaveraceae   ハンネマニア属
三河の植物観察
カラクサゲシの花
カラクサゲシの花横
カラクサゲシの咢片
カラクサゲシの花後
カラクサゲシ
カラクサゲシ葉
 カラクサゲシはケシ科 ハンネマニア属の栽培種。
 多年草、無毛、粉白を帯び、高さ40~80㎝。茎は直立し、基部は木質になる。葉柄は長さ約7.5+㎝。葉は粉白を帯び、灰緑色、倒卵形、長さ5~14㎝×幅3~6㎝、2回出複葉。最終裂片は長円形~線形、全縁、先は鈍形。花は放射相称、両性、単生、腋生、直径4~8㎝、わん形。咢片は2個、楕円形、脱落性(不脱落性)。花弁は4個、分離、黄色、楕円形~類円形、長さ25~40㎜、外側の花弁は波打つ。雄しべは離生、多数、つき、橙色、多数つく。果実は線形、長さ90~120㎜×幅2~5㎜。花期は6~10月。
品種)  'Sunlite' [AGM]
[花期] 6~10月
[草高] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種  メキシコ原産
[撮影] 浜松市  19.7.12

  ハンネマニア属

  family Papaveraceae - genus Hunnemannia

 ハンネマニア属はハナビシソウ属(Eschscholzia)に近縁である。
 多年草、葉は3出複葉を繰り返し、小葉は深裂する。咢片は2個、離生。 花弁は4個、黄色。雄しべは多数。葯は橙色。柱頭は4裂。ケシ科に属し、アルカロイドを持つ。地上部の主なアルカロイドはhunnemanine、根にはprotopine ,hunnemanine,allocryptopineを含む。cyalanoline は根と地上部に含まれる。
 世界に1種(又は2種)だけあり、メキシコに分布する。

  ハンネマニア属の主な種と園芸品種

 1  Hunnemannia fumariifolia Sweet  カラクサゲシ 唐草芥子
 メキシコ[ヌエボレオン州(Nuevo León)、コアウィラ州(Coahuila de Zaragoza)、サン・ルイス・ポトシ州(San Luis Potosi)、サカテカス州(Zacatecas)、グアナフアト州(Guanajuato)、イダルゴ州(Hidalgo)、オアハカ州(Oaxaca)]産。英名はgoldencup , Mexican tulip-poppy , tulip-poppy 。
 多年草、無毛、粉白を帯び、高さ40~80㎝。茎は直立し、基部は木質になる。葉柄は長さ約7.5+㎝。葉は粉白を帯び、灰緑色、倒卵形、長さ5~14㎝×幅3~6㎝、2回出複葉。最終裂片は長円形~線形、全縁、先は鈍形。花は放射相称、両性、単生、腋生、直径4~8㎝、わん形。咢片は2個、楕円形、脱落性。花弁は4個、分離、黄色、楕円形~類円形、長さ25~40㎜、外側の花弁は波打つ。雄しべは離生、多数、つき、橙色、多数つく。果実は線形、長さ90~120㎜×幅2~5㎜。花期は6~10月。
品種)  'Sunlite' [AGM]
 3  Hunnemannia hintoniorum G.L. Nesom
 1992年に発表された新種。石灰質の地質を好み、ヌエボレオン州(Nuevo León)の固有種。
 詳細不明。

 参考

1) Hunnemannia fumariifolia Sweet | Plants of the World Online | Kew
  Hunnemannia fumariifolia
 http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:673220-1
2) Hunnemannia fumariifolia - Plantes et botanique
 Hunnemannia fumariifolia
 https://www.plantes-botanique.org/espece_hunnemannia_fumariifolia
3) GRIN
 Hunnemannia
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=5857

TOP Back