カライトソウ  唐糸草
[学名] Sanguisorba hakusanensis Makino
バラ科 Rosaceae  ワレモコウ属
カライトソウ花
カライトソウ葉
カライトソウ
 和名は赤い花の雄しべを唐糸に見立てたものから。 ワレモコウ属であり、葉がワレモコウに似ている。
 葉は奇数羽状複葉。小葉は長さ4~6㎝の楕円形、縁に鋭鋸歯。穂状花序は長さ約10㎝、先が垂れ下がり、先から咲き始める。花には花弁がない。萼片と長く突き出た雄しべが紅紫色に見える。雄しべは6~10個、長さ約1㎝。
[花期] 7~9月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山、高山の草地、砂礫地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(北アルプス、白山、三国山)
[撮影] 志賀高原 05.8.1
TOP Back