カミヤツデ  紙八手
[別名] ツウソウ(通草)、ツウダツボク(通脱木)
[中国名] 通脱木 tong tuo mu
[英名] rice paper plant
[学名] Tetrapanax papyrifer (Hook.) K.Koch
ウコギ科 Araliaceae  カミヤツデ属
三河の植物観察
カミヤツデの葉芽
カミヤツデの幹
カミヤツデの葉裏
カミヤツデ
カミヤツデ2
 幹の髄から造花などの材料である通草紙(つうそうし)が作られ、これが和名の紙の由来となっている。暖地で野生化しているものが見られる。日本では冬に落葉することも多い。
 地下茎を伸ばし、茎(幹)を直立する。葉は薄く、掌状に7~12深裂し、裂片の先がさらに2浅裂する。大きい葉は幅50~75㎝になる。葉裏には綿毛が密生し、白く見える。葉柄や葉芽には黄褐色の毛が密生する。茎頂の大きな花序に花を多数つける。花は黄緑白色の4(5)弁花。花弁は長さ約2㎜。雄しべ4(5)個。果実は直径約4㎜、暗紫色。
[花期] 11~12月
[樹高] 2~6m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種  中国、台湾原産
[撮影] 三ヶ根山 12.9.19
TOP Back