カクレミノ  隠蓑
[中国名] 三裂树参 san lie shu shen
[学名] Dendropanax trifidus (Thunb.) Makino ex H.Hara
ウコギ科  Araliaceae  カクレミノ属
三河の植物観察
カクレミノ花
カクレミノ熟した果実
カクレミノ種子
カクレミノの葉
カクレミノの幹
カクレミノ
カクレミノ冬
 和名の由来は天狗が持っている、着ると姿が消える「隠れ蓑」 に葉を見立てたもの。葉は互生する。若木の葉は3~5裂するが、、成木では切れ込みがないことが多い。雌雄同株。葉は無毛で、質は厚く、表面には光沢があり、3脈が目立つ。花は枝先の球形の花序に多数つく。淡緑色の目立たない花で、花弁は5個。果実は液果で、10~11月に黒く熟す。日陰でも育ち、庭木としてよく植えられている。昔は夏に樹皮を傷つけて白い」樹液を取り、これを塗料として使った。「黄漆」 という。
[花期] 7~8月
[樹高] 3~8m
[生活型] 常緑小高木
[生育場所] 海岸近くの林内
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、台湾
[撮影] 田原市  06.8.26
TOP Back